本国の「BMW X2」に設定された「Mメッシュ・エディション」とは?

AUTHOR
2020/10/03 13:00

「MスポーツX」をベースにMメッシュキドニーグリルやMエアロダイナミックホイールなどを装備し、よりアクティブなイメージを強調

9月30日、BMWはコンパクトSUV(BMW呼称ではSAC)の「X2」に特別な内外装を採用した「X2 Mメッシュ・エディション」を設定したことを発表した。ドイツでは11月に発売され、価格はベースモデルに約1500ユーロ(約18万5000円)の上乗せとなる。

このモデルは「MスポーツX」をベースに、より個性的なデザインによってよりアクティブなイメージを強調する。エクステリアでは、レーシングカーにインスパイアされた立体メッシュを採用するハイグロスブラックのBMW Mメッシュキドニーグリルのほか、バンパーインサートやホイールアーチトリム、サイドクラッディングは、モカの色合いを持つフローズン・ブラック・ブラウン・メタリックにペイントされる。

ボディカラーはMメッシュ・エディション専用となるブルックリン・グレー・メタリックのほか、アルピンホワイト、フィトニック・ブルー・メタリック、サンセット・オレンジ・メタリックを設定。ボンネットフードおよびサイドにあしらわれるデカールは、ブルックリン・グレー・メタリックのボディにはオレンジを、そのほかのボディカラーにはブラックを組み合わせる。

標準で19インチ、オプションで20インチを設定するホイールは、Mエアロダイナミック仕様で、ボディのデカールと合わせたオレンジまたはブラックのアクセントカラーが入る。

エクステリアではさらに、BMWインディビジュアルのハイグロスシャドーラインパッケージが選択可能。その場合はMメッシュキドニーグリルサラウンドやハイグロスブラックのテールゲートバッジ(BMWエンブレム)まわりのリング、そしてブラッククロームのテールパイプフィニッシャーが装着される。

インテリアでは、インスツルメントパネルやセンターコンソール、シート、ドアトリムがモカレザー仕上げとなり、それぞれにオレンジのコントラストステッチを施す。フロントシートはヘッドレスト一体型のMスポーツ仕様で、ヘッドレストおよびショルダーの位置にアンスラサイトのアルカンターラを張る。なお、オレンジのアクセントはフロアマットにも使用される。ドアスカッフプレートは「Edition」のレタリングが入る。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!