【スクープ】レクサスのライバルを自認する韓国ジェネシス初のEVモデルを初スクープ!

2020/09/28 07:00

駆動は前後デュアルモーターの4WDで最大航続距離は500kmを実現!

韓国のヒュンダイが展開するプレミアムブランド、ジェネシス初となるピュアEVモデルの開発車両が初めてキャッチされた。元々はヒュンダイの1モデルとして存在していたジェネシスだが、2015年にレクサスと戦うべく高級車ブランドとして独立。2020年には、長らく自動車耐久品質調査でトップの座に君臨してきたレクサスの牙城を崩して世界ナンバーワンの評価も手にしている。

今回、ドイツのヒュンダイ・モーターヨーロッパ・テクニカルセンサー近くで捉えたプロトタイプはボディを完全にカモフラージュ。二分割されたスプリット形状のヘッドライトやテールライトこそ確認できるが、フロントグリルは完全に隠された状態。同ブランドの既存モデルに見られる「クレストグリル」を備えているか、それとも新たなEV固有のアイデンティティが与えられているかは不明だ。

だが、そのシルエットから判断するとボディ形態は「ヒュンダイ45EV」のようなハッチバックではなく、ファストバックスタイルのテールが与えられたクーペ風クロスオーバーとなるようだ。また、45EVよりベルトラインの後部がキックアップされていることから、市販型では流麗でいながらスポーティなエクステリアに仕上げられている可能性がありそうだ。

コードネーム「JW」とよばれるこの新型EVは「Loniq 5」、および「起亜CV」と共有する「e-GMP」プラットフォームを採用。ピュアEVとしては最大500km(310マイル)の航続距離を実現し、超高速充電のサポートにも対応。約20分で80%の充電量を確保するという。なお、電気モーターは前後に搭載して駆動は4WDとなるようだ。

このJWの市販モデルだが、現段階では2020年の終盤、もしくは2021年初頭にワールドプレミアされるという説が有力。生産は2021年6月からになるという。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!