【スクープ】新型「ランドローバー・ディフェンダー」の最強モデルか? オールブラックの開発車両が“ニュル”に登場!

2020/09/26 09:00

500㎰オーバーのBMW製Ⅴ8ツインターボユニットを搭載して2021年にアンヴェール?

以前から投入の噂があった「ランドローバー・ディフェンダー」最強のV8モデルだが、その市販型プロトタイプと思われる開発車両がニュルブルクリンクでキャッチされた。

最新の開発車両は、これまでの車両とは異なるワイドなフェンダー、高性能モデルを暗示するレッドのブレーキキャリパーや大径ホイールの装着を確認。リヤに目を向けると左右デュアル出しのエキゾーストパイプを装着していることもわかる。ご覧の通り、その外装は迫力あるオールブラック仕立てで、すでに市販車の最終デザインに近い状態でもあるようだ。

搭載するパワーユニットは、現行ランドローバー各車に採用されている5L V8スーパーチャージャーの可能性もあるが有力視されているのはBMW製の4.4Lツインターボ。組み合わせるトランスミッションはZF製8速ATで、最高出力は500㎰をオーバーするようだ。また、動力性能の大幅アップにともない、エアサスペンションを標準装備。ディフェンダーといえばオフロード性能の高さで定評のあるモデルだが、この最強バージョンはオンロードでの快適性やハンドリングに磨きがかけられる模様だ。

このV8ディフェンダー、デビューは2021年後半との説が有力。いまのところ、ボディタイプが4ドアの「110」のみの設定となるかショートホイールベースの「90」にも設定されるかは確定していない。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!