【比較試乗】「メルセデス・ベンツGLB vs レクサスRX」3列シートSUVの最適解

MERCEDES-BENZ GLB(左)とLEXUS RX(右)
小野泰治
AUTHOR

SUVでは3列シートのモデルが“ポスト・ミニバン”の選択として期待される日本市場。そこに投入されたGLBは手頃なサイズ、さらにはメルセデスの作ということでも注目を集めている。では、コンパクト級に分類されるGLBの実用度はどの程度か? 和製プレミアムの筆頭であるレクサスの3列シートモデルと比較してみる。

SUVの3列目としてはどちらも作りは上々

GLBの画期的な点は、やはりプレミアムSUVブランドにおける3列シート仕様を身近にしたことだろう。単に手頃な3列シートのSUVというのなら輸入車ではプジョー5008、国産勢まで入れれば選択肢はそこそこ豊富になる。だが、プレミアムブランドからこうした“ポスト・ミニバン”を選ぼうとすると従来は敷居が高かった。GLBも今回の試乗車、4WDのガソリン版だと車両本体価格は約700万円にも達する。だが、ディーゼルのFF仕様なら本体価格は512万円。生活臭が抜けきらないミニバンを脱して、贅沢な多人数乗車のSUVライフを手にしたい人には魅力的な選択となり得るわけだ。

MERCEDES-BENZ GLB 250 4MATIC SPORTS

MERCEDES-BENZ GLB 250 4MATIC SPORTS/トリム回りなどを除けば、GLBのインパネ回りは基本的にGLAと同じ。試乗車はオプション類が未装着だったが、装備は充実している。前後にスライドする2列目を調整すれば、3列目には実用性的な広さが確保できる。ただし乗車できるのは身長168cmまで。

さて、今回GLBとの比較用に連れ出したのはレクサスRXの3列シート仕様となる450hL。本来、このクルマが対峙するべきはメルセデスならGLEなのだが、「プレミアムな3列」という括りだと価格的に一番近いこともあって召還の運びとなった。

MERCEDES-BENZ GLB 250 4MATIC SPORTS

MERCEDES-BENZ GLB 250 4MATIC SPORTS

まずは、両者における存在意義のひとつである3列目の出来映えから。ここの乗車定員は、どちらも2名。使わない際はスッキリと床下に畳める点も同じで、RXでは操作も電動化される。GLBでは外部電源ポート、RXにはそれに加えてエアコンの設定パネルまで備わるが、居住性自体は外観やボディサイズから察せられる通り。大柄な大人には非常用の域を出ない。2列目シートのスライド量を調節すれば、身長178cmの筆者でも座ることは可能。だがGLBでは身長168cmまでとの但し書きがある通り、決して余裕があるわけではない。RXに至っては、胴長体型だと頭がつかえて正しい姿勢で座ることすら難しい。

MERCEDES-BENZ GLB 250 4MATIC SPORTS

MERCEDES-BENZ GLB 250 4MATIC SPORTS

だが、フル乗車で長時間移動する使い方でもなければ、いずれも実用性は十分だ。大人でも小柄な人、あるいは子どもなら空間的な問題はない(乗降性はともかく)。GLBは着座姿勢の自由度もまずまずなだけに、前述の身長制限をクリアする範囲内なら日常的な使い方にも耐えられるだろう。本来、ミドル級以下のSUVにおける3列目は“もしものとき”に使うべきもの。その意味では、両者とも作りは理にかなっている。

MERCEDES-BENZ GLB 250 4MATIC SPORTS

MERCEDES-BENZ GLB 250 4MATIC SPORTS

では、走りの味付けはどうか? かたやコンパクト級プラスα、こなたミドル級というサイズの違いもあるので本来は直接比較する話でもないのだが、同じ環境で接するとメルセデスとレクサスの思想の違いが透けて見える。

LEXUS RX 450hL

LEXUS RX 450hL/3列シート版のhLは、標準的なRXよりリアオーバーハングを110mm延長。3列目シートの空間を捻出している。試乗車はオプションの2列目キャプテンシート、マークレビンソンのオーディオなどを装着していた。3列目は非常用と割り切った空間作りになる。

ベースが同じGLAと比較すると、GLBのライド感は良い意味で鷹揚。SUVがクロカン4WDと括られていた時代に通じる、少しブッシュ類の存在を意識させる味付けでスポーティにも振る舞えるGLAとは趣が異なる。しかし高品質な道具、という一面も合わせ持つメルセデスの最新作だけに、いざオンロードで積極的に操ればドライバーズカーらしい懐の深さも実感させてくれる。

LEXUS RX 450hL

LEXUS RX 450hL

一方、RXはクルマを操るという労力を物理、精神の両面で抑え込んだ仕立てが印象的。わかりやすくいえば、それは「和風」な気配りそのもの。凝った造形でいながら、精緻にして清潔感すら漂わせる内外装の作りしかり。酷暑の中に放置しても、いざ起動すれば静粛なまま一気に室内を快適にするエアコンしかりだが、そうした車内に身を置いていると、いつしか走らせていることすら意識から飛んでしまうのは本当の話だ。

LEXUS RX 450hL

LEXUS RX 450hL

誤解のないようにいっておくと、だからといってRXの走りが茫洋なわけではない。現代のレクサスらしく、あるいはGLBと同じく本気の走りに応える絶対的な性能はしっかり備えられている。違いはそれを常に乗り手に意識させるか黒子に徹するかという、作り手の考え方の話なのだ。

LEXUS RX 450hL

LEXUS RX 450hL

フォト=安井宏充/H.Yasui(Weekend.) ルボラン2020年10月号より転載
MERCEDES-BENZ GLB(左)とLEXUS RX(右)

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!