1カ月から利用できるホンダの”サブスク”「ホンダ・マンスリー・オーナー」の展開エリアが拡大!

H.Tanaka
AUTHOR
2020/09/14 16:30

愛知県の4店舗に加え年内には全国の主要都市に展開予定

ホンダは、サブスクリプションサービス「ホンダ・マンスリー・オーナー」を、2020年9月10日(木)よりホンダカーズ愛知(愛知県)の4店舗でも開始。さらに2020年中に全国の主要都市を中心に展開エリアを拡大すると発表した。

ホンダ・マンスリー・オーナーは、所有する喜びと利用の気軽さを両立した、国内自動車メーカーで唯一の1カ月単位で利用できるサブスクリプションサービスだ。

 

2020年1月28日にU-セレクト城北(埼玉県和光市)でサービスを開始して以降、最短1カ月から利用できる気軽さや、利用開始前の手続きがWebで完了し、利用開始時の来店は納車時のみで済む手軽さが利用者から評価。1店舗のみの展開ながら、すでに会員数は約1000人と好調な立ち上がりとなっている。

そこで、ホンダでは今後全国の主要都市を中心に展開エリアの拡大を推進。すでに9月10日より愛知県でサービスを開始し、2020年中には北海道、宮城県、群馬県、神奈川県、大阪府、岡山県、福岡県にも展開エリアを拡大する予定だ。

「ホンダ・マンスリー・オーナー」サービス概要

税金やメンテナンス費用、自動車保険料などがワンパックで、最短1カ月から最長11カ月まで定額でホンダ車を利用できる。利用できる車両は、安全運転支援システムの「ホンダ・センシング」をはじめとした先進装備を多数搭載したモデルや「車いす仕様車」など、充実の中古車ラインアップから選べる。

※「ホンダ・マンスリー・オーナー」のHP
https://www.honda.co.jp/monthlyowner/

なお、利用者の用途だが買い替え検討を目的とした「試乗」が多く、その他「通勤・単身赴任」、「通院」、ウインタースポーツなど季節性のある「趣味」といった、多様な期間限定用途で活用。最近では、公共交通機関の利用を避ける目的でホンダ・マンスリー・オーナーを利用するケースも出ており、コロナ禍における新たな移動ニーズも確認されている。

利用者からは、「1カ月単位でいつでもやめられるので、気軽に利用できる」といった声のほか、若年層を中心に「クルマ離れ」が進む中、「所有する選択肢はなかったが、クルマがある生活の便利さに気付いた」といった声もあるなど、クルマへの関心が薄い人に「クルマのある豊かな生活」を実感してもらうきっかけともなっている。

サービス展開/地域

2020年1月28日サービス開始店舗
U-Select城北(埼玉県和光市)
2020年9月10日サービス開始店舗
U-Select名西(愛知県名古屋市)、U-Select半田(愛知県半田市)、
U-Select尾張一宮(愛知県稲沢市)、U-Select豊橋(愛知県豊橋市)
2020年中のサービス開始地域
北海道、宮城県、群馬県、神奈川県、大阪府、岡山県、福岡県

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!