フロントマスクのイメージを一新! 「スバルXV」がマイナーチェンジ

H.Tanaka
AUTHOR
2020/09/07 18:00

「XV」の全グレードでサスペンションを改良! e-BOXER搭載車は新たな変速制御も採用

スバルは、クロスオーバーSUVである「XV」の大幅改良モデルを2020年9月4日に発表。10月8日より発売を開始する。消費税込みの車両本体価格は、2,200,000円~2,981,000円。

2017年4月に発表されたスバルXVは、「Fun Adventure」をコンセプトに都会的で洗練されたデザインとスバルらしいSUVとしての走破性、そして世界トップクラスの安全性能を兼ね備えたクロスオーバーSUVだ。

今回の大幅改良だが、エクステリアはフロントフェイスやアルミホイールに新デザインを採用。ボディカラーには「プラズマイエロー・パール」を設定することで、スタイリッシュさとSUVらしい力強さを改めてアピール。インテリアでは、一部グレードでカラーコーディネートやシート表皮が見直され、より上質で先進的な印象が高められた。

走行性能では、全グレードでサスペンションを改良。SUVらしい、しなやかさとスポーティさを高い次元で両立。さらにe-BOXER搭載車では、SI-DRIVEと協調するアダプティブ変速制御「e-アクティブ・シフト・コントロール」を新採用、よりスポーティで愉しい走りをサポートする。

安全性能では、見通しの悪い交差点や、駐車・発進時にドライバーの視界をサポートする「フロントビューモニター」がメーカー装着オプションとして設定された。

スバルオフィシャルwebサイト
https://www.subaru.jp/xv/xv/

スバルXVの主な改良内容
安全性能
・フロントビューモニター(メーカー装着オプション)
エクステリア
・新デザインフロントフェイス(バンパー・グリル)
・新デザイン17インチアルミホイール(切削光輝)
・新デザイン18インチアルミホイール(切削光輝)
・新ボディカラー「プラズマイエロー・パール」

インテリア
・「1.6i-L EyeSight」と「Advance」のインテリア仕様変更
機能装備
・アダプティブ変速制御「e-Active Shift Control」(e-BOXER搭載車)

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!