アストン・マーティンが2年間で31台製造したワークスカー「アルスター」のシャシー番号CMC 614の輝かしい車生にスポット【新書紹介】

2020/09/06 13:00

Aston Martin Ulster : The Remakable History of CMC 614

1935年に誕生したこの車体は、他のどのワークスカーよりも多くのレースに出場し華々しい成績を収めた。その中には、ルマン24時間耐久レース、ミッレミリア、タルガ・アルブッツォなどの大レースも含まれており、戦前における英国製ライトウェイト・スポーツカーの頂点であったことが本編に記されている。

度重なる経営危機の後に、ベルテッリにより生み出されたこの1.5Lクラスの名機を、当時のレース風景と近年撮り直された写真によってディティールを含め窺い知る事が出来る。

また、レース引退後の細かい履歴とレストア風景、近年の美しい姿も収録されており貴重な写真資料集と言える。

Aston Martin Ulster : The Remakable History of CMC 614
6,160円(税込)
出版社:Porter Press
ハードカバー/W290×H250/モノクロ・カラー/英語/128P

お問い合わせ:代官山蔦屋書店

情報提供:代官山蔦屋書店

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!