【スクープ】FRプラットフォームを採用? 次期「マツダCX-5」の有力情報を入手!

2020/08/13 07:30

車名は「マツダCX-50」へと変更か? 次期型では電動化バージョンもラインアップ

マツダの主力SUV、「CX-5」の後継モデルに関する情報を海外エージェントから入手。今回は、エクステリアの予想CGを制作した。

マツダCX-5(現行型)

初代CX-5は、現在に至るマツダのクルマ作りを象徴するSKYACTIV(スカイアクティブ)テクノロジーを採用して2012年に登場。一躍、マツダの主力モデルへと成長した。第2世代はとなる現行型は2017年に発売。初代のデザイン要素を踏襲しつつハードウェアがリファインされ、引き続き幅広い支持を集めている。

マツダCX-5(現行型)

さて、そんなCX-5の次期モデルだが、マツダは2019年5月にFRプラットフォームや直列6気筒エンジンを発表。加えて48Vマイルドハイブリッド/プラグインハイブリッドなど、Dセグメントの「ラージ・アーキテクチャー」の詳細も明らかにしている。今年5月には、「マツダ6(旧アテンザ)」の次期型がFR駆動の直列6気筒を搭載することも判明していることから、それが次期CX-5に採用される可能性は高い。

マツダCX-5(現行型)

得られた情報によれば、エクステリアはAピラーとCピラーの傾斜が強まりクーペテイストが強調。フロントマスクは、前衛的でシャープな面持ちになるという。ボディサイドは、前後タイヤハウスに沿ってワイド感を演出する明確なプレスラインが入るほか、アンダースカート部にも凹みを入れたキャラクターラインが入り立体感が強調される。また、前述のフロント回りはヘッドライト上部に大型LEDをビルトイン。下端部分にはラジエターグリルに合わせた跳ね上げたクロ―ムラインが入り、これに大胆にカットされたデュフューザー的造形を組み合わせてSUVらしい押し出しの強さも確保される。

マツダCX-5(現行型)

搭載が予想されるパワーユニットは、最高出力187psを発揮する48Vマイルドハイブリッドの2.5L直列4気筒「SKYACTIV-G」を筆頭に、2.2L直列4気筒、および3.3L直列6気筒ディーゼルの「SKYACTIV-D」、最高出力226hpを発揮する2.5L直列4気筒ガソリンターボの「SKYACTIV-G」をラインアップ。さらに、最高出力281psの3L直列6気筒「SKYATIV-X」+48Vマイルドハイブリッドの採用も噂されている。

また、今回はマツダが欧州特許庁へ「CX-10」から「CX-90」までのネーミングを登録していることを確認。その中にある「CX-50」が次期CX-5の車名として新採用される可能性が高いという。そのデビューは最速で2021年内、あるいは2022年初頭という説が有力だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!