バッテリーの変更などで燃費向上! 「レクサスES」がマイナーチェンジ

H.Tanaka
AUTHOR

量産車世界初のデジタルアウターミラーも機能がグレードアップ!

レクサスは、「ES」を一部改良。全国のレクサス店を通じて8月6日に発売を開始した。消費税込みの車両本体価格は、5,990,000円~7,130,000円。

2018年に日本に導入されたESは、発売時に量産車として世界で初めてデジタルアウターミラーを採用したモデル。今回の一部改良では、そのデジタルアウターミラーを「“F SPORT”」に追加設定するとともに、走行時にモニターから見える他の車両、壁、障害物との距離感を測りやすくする距離目安線の表示機能を追加。車速に応じて車両後端から最小5m~最大30mの距離を示す線を表示する。さらにパーキングサポートブレーキ(静止物+後方接近車両)[PKSB]やブラインドスポットモニター[BSM]を全車標準設定として予防安全装備を充実させている。

また、ハイブリッドバッテリーをニッケル水素電池からリチウムイオン電池に変更し、燃費性能を向上(WLTCモードで従来比プラス1.7km/Lの22.3km/L)。加えてマルチメディアシステムはスマート・デバイスリンク、アップル・カープレイやアンドロイド・オートに対応。iPhoneやアンドロイドのスマートフォンを12.3インチワイドディスプレイと連携させることで、リモートタッチによる画面操作や音声操作が可能になっている。また、置くだけ充電の充電トレイと、センターコンソールの収納スペースを拡大。より大きなサイズのスマートフォンに対応するなど、利便性を向上させている。

レクサスES 車両情報
https://lexus.jp/models/es/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!