【新世代ベントレーの肖像】「ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル vs コンチネンタルGT」真のグランドツアラー

2020/08/07 11:00

太陽と暖かい気候を求めた英国の富裕層が、大陸(コンチネンタル)を快適でスポーティに走らせるため生まれたのがベントレー・コンチネンタルGT。初夏のある日、クーペとコンバーチブルの2台のコンチネンタル GTを連れ立ち、真のグランドツーリングを考察するショートトリップへと繰り出した。

V12がもたらすのは悠然とした余裕

ずしりとした重みのあるドアを開け、仕立てのいいレザーシートに滑り込む。そのままセンターコンソールのスターターボタンに手を伸ばすと、ノーズに収まるW12は即座に目を覚まし、粛々とアイドリングを奏で始めた。

パワートレインは6L W12気筒TSIエンジンに8速DCTを組み合わせる。最高出力635ps、最大トルク900Nmのパワーもさることながら、W12独特のリズムが走る歓びを掻き立てる。

まだ内燃機関を持った自動車が生まれたばかりの頃、「遠くまで壊れないで走る」コンチネンタルなグランドツーリングは、地続きのヨーロッパにおいて高性能を示す何よりの証だったという。
1919年に創業したベントレーが名を馳せたのも、1924年から30年にかけての5度のル・マン24時間制覇、ウォルフ・バーナート大佐のスピードシックスと寝台特急ブルートレインとのトライアルなどを通じて、その卓越したグランドツアラーとしての性能が評価されてのことだ。そんな故事に想いを馳せながら、 ベントレー ・コンチネンタルGTとコンチネンタルGTコンバーチブルを連れ立って、初夏を迎えた高原へショートトリップへと繰り出した。
最初にドライブしたのはコンバーチブル。機密性が高く、静かなのでつい幌の存在を忘れてしまいそうになるが、幸いなことに3代目から50km/hまでなら走行中でも幌の開閉ができるようになったので、迷わずフルオープンにする。

目的地で待っている楽しみより、移動の楽しさが優ってしまう。

ひと口にオープントップ・モデルと言っても、積極的に風を感じさせるモデルもあれば、頭上をそっと撫でる程度に風をカットするモデルもあるなど、そのキャラクターは様々だ。このコンチネンタルGTコンバーチブルはラグジュアリーカーらしく後者のタイプ。もちろん風と戯れるオープンエアモータリングを望むなら、サイドウインドーを降ろせばいいのだが、どちらの場合でも不快な風の巻き込みがないのは、ボディ全体のエアフローが上手く機能している証拠といえるだろう。

BENTLEY CONTINENTAL GT CONVERTIBLE/ルーフは50km/h以下ならば走行中でも開閉可能。ルーフカラーは7色から選べ、英国伝統のツイード模様にモダンなエッセンスをプラスしたカラーも初採用されている。フェイシアは全てkoaと呼ばれるウッドを採用。

そんなコンチネンタルGTシリーズのグランドツアラーとしての強みは、ずばり“余裕”だ。6L W12ツインターボTSIユニットとベントレー史上初めて採用された8速DCTは、635ps&900Nmというスペックや、0→100km/h加速3.8秒というピークパフォーマンスにばかり目が行きがちだが、本質はそこにはない。それだけのキャパシティがあるからこそ、一般道でも高速道路でも滅多なことで2000rpmを超えることなく、悠然と快適にクルマを前へと進めることができるのだ。当然、回転が低ければ自ずとノイズも振動も低くなり、右足に余計な力や神経を使う必要もいらなくなる。

BENTLEY CONTINENTAL GT CONVERTIBLE

他のクルマで走る時より、景色が広く鮮やかに見え、片道200kmを走り切っても、疲労を感じるどころか、まだまだ走り足りないとさえ思えたのは、まさに余裕のなせる業だといえるだろう。
もうひとつ今回の試乗車で特筆すべきは、両車ともに右ハンドルだったということだ。意外に思われるかもしれないが、これまで国内外で幾度となくドライブしてきたベントレーの広報車はすべて左ハンドルだった。つまり人生初の右ハンドル・ベントレー体験となったのだが、ドライビングポジションや、ドライブフィールの違いはまったくなかった。むしろ車庫入れなどの場面では右ハンドルの方がクルマの大きさを意識することが少なかったくらいだ。そのあたりも疲れの少なさに繋がったのかもしれない。

BENTLEY CONTINENTAL GT CONVERTIBLE

フォト=岡村昌宏/M.Okamura(CROSSOVER) ルボラン2020年8月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!