ディーゼル仕様がパワーアップ! 「トヨタ・ランドクルーザープラド」がマイナーチェンジ

H.Tanaka
AUTHOR
2020/08/04 17:00

精悍なブラック仕立ての特別仕様車もラインアップ

トヨタは、ランドクルーザープラドを一部改良するとともに、特別仕様車 TX“Lパッケージ・ブラックエディション”を設定し、全国のトヨタ車両販売店を通じて、8月3日に発売した。メーカー希望小売価格(消費税込み)は3,621,000~5,530,000円、特別仕様車 TX“Lパッケージ・ブラックエディション”は、4,261,000~5,089,000円となっている。

今回の一部改良では、2.8Lディーゼルエンジンのターボチャージャーを改良するとともに、トヨタ・セーフティー・センスの機能を向上させ、安全・安心に配慮しつつも、SUVらしい力強い走りを追求した。

ディーゼルエンジンのターボチャージャーをサイズアップすることにより、最高出力を従来の177psから204psに向上させ、さらに力強い走りを実現。また、安全装備では、トヨタ・セーフティー・センスの機能を向上した。その内容は、プリクラッシュセーフティの検知範囲を拡大し、新たに夜間の歩行者と昼間の自転車運転者にも対応したほか、ヨーアシスト機能付のレーンディパーチャーアラートやロードサインアシスト(RSA)、先行車発進告知機能を全車標準装備。また、TZ-G、TX“Lパッケージ”に、駐車場などで後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し、ドアミラー内のインジケーターの点滅とブザーにより、注意を喚起するリヤクロストラフィックアラートをオプション設定している。

さらに、TZ-Gは、パドルシフトを採用。ステアリングから手を離すことなく、指先だけの操作で素早いシフトチェンジが可能になっている。そして、スマートフォンとの連携を可能にした9インチのディスプレイオーディオ(DA)をオプションで設定し、車載通信機とあわせ、さらに便利で快適なカーライフを提供している。

「TX」をベースに、“Lパッケージ”相当の装備に加え、内外装はブラックを基調とした特別仕様車とした。また、内装では、オーナメントパネルをシルバー塗装、センタークラスターパネルなどにブラック塗装を施した。

さらに、外装では、グリルやヘッドランプまわり、バックドアガーニッシュに、漆黒メッキ加飾を施し、アウターミラー、ルーフレールなどはブラック塗装としている。また、専用ブラック塗装の18インチアルミホイールを特別装備するとともに、ブラック塗装を施した、大型のフォグランプベゼルを装着することにより精悍な印象を際立たせている。

ランドクルーザープラド 車両情報
https://toyota.jp/landcruiserprado/
ランドクルーザープラド 特別仕様車 TX“Lパッケージ・Black Edition” 車両情報
https://toyota.jp/landcruiserprado/grade/special/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!