【フォトデビュー!】「メルセデスAMG E53クーペ/カブリオレ」セダン系に続いてフェイスリフト! さらなる洗練と情熱を獲得!

AUTHOR
2020/08/02 11:00

メルセデス・ベンツEクラスがモデルサイクル半ばにビッグフェイスリフトを受けたのにともない、AMGモデルも続々とこれに追従。ここでは最新のE53クーペ/カブリオレの概要をお届けしよう。

文武両道を究めた最新のEクラスAMG

メルセデス・ベンツEクラスのセダンとステーションワゴンをベースにしたAMGバージョンがフェイスリフトを受けたのに続き、クーペとカブリオレにも同様のアップデートが実施された。

カブリオレと比べると塊感のあるフォルムがどこか只者ではない雰囲気を漂わせるクーペ。0→100km/h加速は4.4秒をマークする。

まず、フロントはAMGファミリーへの属性を全面に出したまったく新たなデザインを採用。もっとも特徴的なのは12本の縦格子、パナメリカーナグリルを持つクーペのラジエターオープニングで、その下の左右エアインテークへと広がるAフォルムが視覚的な安定感を与えている。また、新デザインのLEDヘッドライトは、鋭角的な新しいデイタイムドライビングライトにより、どこか緊張感のあるスポーティな表情を見せる。さらに2本のパワードームにより、内に秘めた高性能を誇示するボンネットもAMGらしいところだ。

エンジンは3L直6直噴ターボで、最高出力435ps、最大トルク520Nmを発生。48Vのマイルドハイブリッドシステムを組み合わせる。

インテリアは極力クロームを排除し、代わりにアルミとカーボン、そしてアルカンターラにより、AMGならではのハイクオリティかつスパルタンな雰囲気を作り出している。新たに採用されたAMGパフォーマンスステアリングは、上下に2分割された左右のスポークが特徴で、これまでのようにやや煩雑だったスイッチ類を整理・省略し、スムーズでインテュイティブな操作を可能にしている。同時にリムには高性能圧力センサーが仕込まれており、手放し運転の精密な監視を行う。

コクピット回りで目立つのは新デザインのAMGパフォーマンスステアリング。左右スポークにシームレスにスイッチをレイアウト。

AMG E53が搭載するエンジンは、社内開発コードM256と呼ばれる3L直6直噴ターボで、最高出力は435ps、最大トルクは520Nmを発生。また、クランクシャフトに直結されたスターターと発電機を兼ねたISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)による48Vマイルドハイブリッドシステムも搭載する。すなわち、高められたキネティックエネルギー回生能力により、低負荷のコースティング時にエンジンを停止、さらにはターボラグを解消するために電気式コンプレッサーを駆動させる。また16kW(22ps)と250Nmのパワー&トルクで、ブースト効果(EQブースト)も発揮する。

シャシー系でいうと、AMGはこのモデルから4WDシステムのAMG パフォーマンス4マチック+を標準装備しており、トルクを前後輪にフルバリアブル配分することで、より確かなトラクションと安定したロードホルディングを約束する。さらに、これまでV8モデルにしか用意されていなかったドライブモード、AMGダイナミックプラスパッケージが直6モデルでもオプションで選択可能になったのもニュースだ。このプログラムでは「ドリフトモード付きのレース」を選択することも可能で、サーキットではスポーツ走行を存分に堪能することができる。なお、ドライブモードは、前述のAMGパフォーマンスステアリング上のスイッチで素早い選択が可能となっている。

タイヤサイズは19インチが標準で、オプションでフロント245/35R20、リア275/30R20も選択できる。写真のホイールは新デザイン。

AMGスピードシフト9G(9速AT)を介してのダイナミック性能は、0→100km/h加速が4.4秒(カブリオレは4.6秒)、最高速度はともに標準仕様では250km/hでリミッターが介入するが、AMGドライバーズパッケージを注文すれば270km/hまで引き上げることが可能だ。

最後に、筆者はベースとなるEクラスセダンのプロトタイプ同乗テストに参加したが、ADAS、すなわちドライバーアシストの進化は驚くばかりで、ほぼレベル3といっていいほどの性能向上を果たしていた。この卓越した安全性と類稀な高性能を有した新型EクラスのAMGモデルは、まさにクルマの文武両道を体現しているといえる。なお、AMG E53クーペ/カブリオレの日本導入時期や価格については、6月中旬の時点で正式なアナウンスはまだない。

インテリアはクロームを廃し、カーボンとアルカンタラそしてアルミで独自の世界感を醸し出す。

テ−ルパイプは左右2本出し。

ルボラン2020年8月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!