【ニューモデル情報通】Vol.7 タフ&ワイルドなアメリカン4WD「フォード・ブロンコ」の歴史

2020/07/31 12:00

2020年7月13日に発表、2021年モデルとしてアメリカで予約を開始した新しいSUV、「新型フォード・ブロンコ」。クロスカントリーSUVを「RV」「ヨンク」などと呼んでいた時代の4輪駆動車のような、無骨でタフさが溢れるイメージは、オンロード重視の高級・高性能SUVがごく一般的になった現在では、むしろ新鮮に見える。そしてシンプルかつ高い機能性を具現化したようなデザインは、1966年登場の初代ブロンコを彷彿とさせる。

大胆ボディが魅力的! フォード伝統のSUV「ブロンコ」が復活

日本でも、すでに一部で話題になっているこの新型ブロンコは「6代目」を襲名するのだが、「そういえば初代以外の、2代目から5代目ってどんなの?」と思った人も多いだろう。そこで今回は、これまでのブロンコを遡ってみたい。

現在も高い人気を誇る初代ブロンコは、1966年に誕生

パッと見、ブロンコのようだが、これはブロンコ発売に大きな影響を与えた「インターナショナル・ハーベスター・スカウト」。元来商用車だったが、多くのユーザーはこのクルマにレクリエーション・ヴィークルの可能性を見出した。その後アメリカでは乗用4WD車が当たり前のように売られる時代になっていくが、スカウトはその始まりのひとつである。写真は快適性が大きくアップしたマイナーチェンジモデル「スカウト800」を、1968年に再び改良した「800A」。

アメリカでは戦後間もない時期から、戦争で活躍したジープの民生版であるCJ(Civilian Jeep)シリーズが発売されていた。1954年から製造の「CJ-5」は、それまでのCJで最も成功した車種となったが、1961年、トラクターメーカーのインターナショナル・ハーベスターが発売した商用ピックアップの「スカウト」は、それを上回る人気を獲得した。その理由は、ジープよりはるかに乗用車然としたデザインと居住性から、レジャー用のレクリエーショナル・ヴィークル=RVとして市場が着目したことによる。

愛らしい表情を持つブロンコ。「アーリー・ブロンコ」と呼ばれることもある。写真は1972年追加の上級版「レンジャー」で、2トーンカラー、メッキホイールカバー、木目パネルなどが奢られた。

それを受けビッグ3は、早速、CJ-5とスカウトに対抗するライバル車を投入していった。まず動いたのはフォードで、1966年に「ブロンコ」の発売を開始。3年後にGMは「シボレー・ブレイザー(K5)」を、遅れて1972年になってクライスラーは「ダッヂ・ラムチャージャー(プリムス・トレイルダスター)」を登場させた。

ブロンコは全長約3.8m、ホイールベース2.3mほどの、とてもコンパクトな4輪駆動車だった。ラダーフレーム+副変速機という設計は、4WD車としては常識的なメカニズムだったが、スカウトを強く意識した、凝ったボディデザインを持っていた。シャーシはブロンコ用に開発した専用設計で、発売当初は、屋根なし・ドアなしの「ロードスター」、これに屋根を載せた「2ドアワゴン」、そして前席部分だけ屋根を持つピックアップを設定。エンジンは2.8L直6を載せていた。

デビュー当初にラインナップしていたオープンモデルは「ロードスター」と称された。布製の屋根とホロを装着することもできたが、販売台数は伸びず、1968年になってカタログ落ちした。

ブロンコはレジャー・レクリエーション・オンロード用として人気を博し、1967年にはワゴンにスポーツパッケージのオプション設定も行っている。しかし1969年登場のシボレー・ブレイザー(K5)は、一回り以上大きな車体、はるかに強力なV8エンジンを積み、また乗用車的な装備・快適性も増していた。そのためブロンコも、1972年に最上級版として内外装を装った「レンジャー」を設定、さらにその後4.7Lもしくは4.9LのV8を搭載して対抗したが、ブロンコのフォロワーとして相次いで登場したK5ブレイザーとラムチャージャーの大きさが、アメリカにおけるRVの標準サイズに移行したため、コンパクトなブロンコで戦うのは難しくなっていた。

ブロンコには数多くの純正オプションがあったが、その中には、ブロンコに与えられた役割のひとつである「作業車」用需要に、ウインチ、PTO(パワーテイクオフ)なども含まれていた。写真は1967年のハーフキャブ・ピックアップが除雪に活躍する姿。なお、レジャー需要の高まりとともにワゴンの販売比率が増えたことを受け、ハーフキャブの生産は1972年で終了している。

2代目からはピックアップの「Fシリーズ」の兄弟モデルになって大型化

本来は1974年頃の発売を予定していたが、オイルショックでスケジュールが遅れてしまい、1978年から2年間だけ販売した2代目ブロンコ。ボディ形状はハードトップを載せた2ドア+リアゲートの3ドアワゴンのみだった。フロントはベンチシート、リアには折りたたみ式のベンチシートを備え、6人乗りを実現。写真は上位版の「レンジャーXLT」。

1978年イヤーモデルから、ブロンコは2代目に。独立した車種から、ピックアップトラックFシリーズの「F-100」を短くした兄弟車となり、ボディパネルを含め多くのパーツを共用するようになった。そのため車体は一気に全長約4.6m、全幅に至っては2mを超えるほど大型化して、待望の5.8L/6.6L V8エンジンも搭載された。これは、ブロンコもようやくフルサイズ4WDの後発組と対等に戦えることを意味していた。

大きな車体とエンジン、さらに快適性を得た2代目ブロンコの販売は好調で、わずか2年のモデルライフながら販売台数は約18万台に達し、ライバルたちに一矢報いている。

こちらが2代目ブロンコのベースである、6代目Fシリーズの「F-100」(1973年型)。2代目ブロンコの製造は1978年・79年の2年のみだったが、元のFシリーズは1973年から作られていた。

フルモデルチェンジを受けて3代目に 同時期、小型版の「ブロンコII」が派生

2代目以降、Fシリーズ・F-100の兄弟車となったブロンコは、フルモデルチェンジのタイミングもFシリーズに合わせて行われるようになった。そのためFシリーズが7代目になった1980年、ブロンコも3代目へとスイッチしている。4代目F-100の途中、1965年から改良しつつ使い続けてきたシャーシとボディは、7代目Fシリーズでようやく全面刷新しており、ブロンコも近代的な設計とデザインを手に入れることになった。従来通りF-100とフロントドアから前を共用する3代目ブロンコは、こちらもこれまでと同じくリアに樹脂製のハードトップルーフを載せた3ドアワゴンのみを用意。エンジンは4.9L直6、4.9L/5.8LのV8を搭載していた。

新しいボディを得てモダンに変身した3代目ブロンコ。現在も使われているフォードの「オーバルエンブレム」は、1982年から採用。写真は「XLTエディ・バウアー」。日本でもエクスプローラーでおなじみの仕様だった。

ところで、2代目ブロンコがフルサイズに移行したことで、フォードでは初代ブロンコのクラスに穴が空いてしまっていた。そこで1983年、コンパクトピックアップ(コンパクトと言っても、アメリカでトヨタ・ハイラックスなどと同じサイズ)の「レンジャー」をベースにしたSUV、その名も「ブロンコII」を発売している。車名はブロンコだが出自が異なるため、“ブロンコ本家” との関連性はない。

以前のブロンコの代替モデルとして、Fシリーズより一回り小さなピックアップ「レンジャー」をベースにして誕生した「ブロンコII」。ドイツ・フォード製の2.8L V6エンジンと三菱製2.3Lターボディーゼルを搭載し、シボレー・S10ブレイザー、ジープ・チェロキーなどと競合した。ブロンコIIは1990年まで作られ、後継は初代「フォード・エクスプローラー」の3ドア版が担った。

3代目ブロンコをブラッシュアップし続けた、4代目・5代目

4代目ブロンコは1987年に発売を開始した。むろん、同じタイミングでFシリーズも新型が登場している。しかしこの代替わりは、いわゆる「ビッグマイナーチェンジ」で、基本的には3代目をキャリーオーバーしつつ、内外装の近代化やエンジンの性能向上が図られていた。そのため、ボディ形状はブロンコの伝統? ともいえる3ドアワゴンのみだった。

4代目ブロンコは1987年〜1991年に発売。3代目と車体の基本を共用するが、おとなしくなったフェンダーアーチの造形、近代化したグリルやヘッドライトで、大きく趣を変えることに成功している。

ブロンコは1991年に5代目に進化したが、このモデルチェンジも基本的な中身は3代目→4代目の引き継ぎで、さらに時代に合わせて改良したモデルにとどまった。いうまでもなく、Fシリーズピックアップも同時にモデルチェンジして、9代目を数えている。大きな変化は外観で、2段式のヘッドライトと大きなグリルが目を引くが、キャブ部分は1980年登場の3代目のままなので、いささかアンバランスなスタイルに。5代目ブロンコは1996年まで製造されたが、6代目は現れないまま、ブロンコの名前はフォードのカタログからいったんドロップすることになった。

1996年で生産を終えた6代目ブロンコ。ミラーやフロントがモダンになっているが、よく見るとキャブ部分は3代目のまま。当初のエンジンラインナップも3代目から変わらず、4.9L直6、4.9L/5.8LのV8という陣容だった。フルサイズアメリカンSUVの魅力たっぷりだ。

そして2020年、24年ぶりにブロンコが復活

1996年の生産終了でブロンコの火は消えたかと思われたが、2004年のデトロイトモーターショーに、フォードは「ブロンコ・コンセプト」を出品した。あくまでもデザイン・スタディであったが、初代ブロンコをイメージさせるデザインは魅力的だった。ボディサイズも2代目以降のフルサイズではなく、初代に立ち返ったようなコンパクトSUVとして企画されており、初代ブロンコ的なモデルの復活を期待させた。

2004年のデトロイトモーターショーに参考出品された、「ブロンコ・コンセプト」。“アーリーブロンコ”の要素が散見されるが、市販には至らなかった。

そしてついに2020年、24年ぶりにブロンコが帰ってきた。2灯式の丸いヘッドライトと四角いグリル、シンプルなボディと窓のグラフィックスは、初代ブロンコを彷彿とさせるだけでなく、車格も初代以来のコンパクトSUVに復帰。タフでワイルド、道具感に溢れた雰囲気も魅力的だ。しかも新型では、ブロンコ初のリアドア付きボディも用意されることになっている。

初代ブロンコのイメージを現代流に解釈し、懐かしさと新しさをミックスして生まれた6代目ブロンコ。どことなく、日本のジムニーのような雰囲気。

コンパクトな新型ブロンコは、ライバルの「ジープ・ラングラー」同様に、日本で発売したら人気が出ると思われるが、残念ながら2016年に日本市場からフォードが撤退しているため、ブロンコは正規輸入の予定がなく、フォードの再参入も計画が見られない。この魅力的なアメリカンSUV・ブロンコを契機に、再びフォードが日本に戻ってくることを大いに願いたい。

フォト=ford

この記事を書いた人

遠藤イヅル

1971年生まれ。商経系大学を卒業後カーデザイン専門学校に入学。メーカー系レース部門の会社へ就職し、デザイナーとして勤務する。その後一般企業のデザイナーやディレクターとして働き、独立してイラストレーター・ライターとなった。実用車、商用車を特に好み、クルマの歴史にも詳しい。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!