もはや機能は「Vクラス」級! メルセデス・ベンツの商用モデル「ヴィトー」がアップグレード

AUTHOR

ピュアEVの「eヴィトー」を新たに設定。新世代版の「OM654」型ディーゼルエンジンやエアサスペンションの採用もニュース

ダイムラーはこのほど、メルセデス・ベンツの商用モデル「Vito(ヴィトー)」のマイナーチェンジを実施したと発表した。新型ではピュアEV仕様となる「eヴィトー」の設定が大きな話題だ。

ヴィトーはVクラスの商用版。積載総重量は2.5〜3.5トンの中型商用車で、人を乗せることを主目的とした「ツアラー」や、キャビン後部をすべて荷室にした「パネルバン」、そしてツアラーとパネルバンの間を埋める「Mixto(ミクスト)」の3タイプのスタイルを用意するなど、多彩なバリエーションを誇る。地元ドイツを中心に、欧州ではビジネスシーンで確かな存在感を発揮しているモデルである。

新型eヴィトー・ツアラー

そんなヴィトーの新型には、ピュアEVの「eVito」が新たに設定された。150kW(約201ps)/362Nmを発するモーターと90kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、前輪を駆動。最高で421kmの航続距離を実現する一方、最高速は140km/h(オプションで160km/hも設定可)をマークする。

バッテリーの充電は、ウォールボックスや公共の充電ステーションでは0〜100%まで10時間以下、DC/50kWの急速タイプでは10〜80%を約80分で完了する。


eヴィトーのボディは全長5140mmのロングと、全長5370mmのエクストラロングの2種類。荷室容量はそれぞれ999L、1390Lを確保し、最大積載重量は3.5トンだ。

新型ヴィトー・ツアラー

エンジン仕様車では新世代の2L直列4気筒ディーゼル「OM654」の搭載がニュース。スペックは3タイプ用意され、「Vito 114CDI」は136ps/330Nm、「Vito 116CDI」は163ps/380Nm、そして「Vito 119CDI」は190ps/440Nmを発揮する。トランスミッションは9速AT(9Gトロニック)で、114CDIや116CDIには6速MT仕様も設定されている。駆動方式はFRのほか、4WDも選べる。

新型ヴィトー・ミクスト

パワートレインはこのほか、102ps/270Nmまたは136ps/330Nmの1.8L直列4気筒ディーゼルに6速MTを組み合わせる前輪駆動仕様も用意されている。

新型ヴィトー・パネルバン

新型ではまた、eヴィトー・ツアラーなどにエアサスペンションの「エアマチック」が採用され、荒れた路面でも快適な乗り心地を実現。ドライバーはコンソールの「ダイナミックセレクト」のスイッチ操作で3つの走行モードから走行状況などに合わせて任意のモードが選択できる。「リフト」モードは車速30km/hまでの範囲で車高を最大で35mm上昇させることができ、30km/hを超えると自動的に標準の車高に戻る。「コンフォート」モードでは車速が110km/hを超えると車高が10mm下がり、燃費の悪化を抑制。そして「スポーツ」モードでは車速に関係なく車高が10mm下がり走行性能を高める。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!