2年ぶりに復活! 「A3シリーズ」の頂点となる「アウディRS3」が発売

AUTHOR
2020/07/22 15:00

400ps/480Nmの2.5L直5ターボ搭載で、4.1秒の0-100km/h加速を実現

7月21日、アウディ・ジャパンはA3シリーズのトップパフォーマンスモデル「RS3スポーツバック」および「RS3セダン」の装備を充実させ、約2年ぶりに日本で販売すると発表した。消費税込みの車両本体価格はRS3スポーツバックが8,500,000円、RS3セダンが8,690,000円で、発売日はそれぞれ8月18日、9月15日だ。

このたび発表されたのは、RS3スポーツバック/RS3セダン。ともに特別装備として、エクステリアにはマトリクスLEDヘッドライト、フロントダイナミックターンインジケーター、マットアルミニウムスタイリングパッケージを装備。ボディカラーは新色のキャラミグリーンのほか、ナルドグレー、グレイシアホワイトメタリック、ミトスブラックメタリックの4色が設定された。

インテリアには、ファインナッパレザーダイヤモンドステッチングのRSスポーツシート、レッドアクセントリング付きエアコン吹き出し口、レッドステッチ入りフロアマットを採用している。

サスペンションにはアウディマグネティックライド(電子制御可変ダンパー)を装備し、スポーツバックとセダンそれぞれデザインの異なるAudi Sport製5アームマットチタンルック19インチアルミホイールと235/35R19タイヤを組み合わせている。

エンジンはオールアルミ製の2.5L直列5気筒ガソリン直噴ターボで、400ps/ 480Nmを発揮。これにデュアルクラッチトランスミッションの7速Sトロニックと「クワトロ」フルタイム四輪駆動システムを組み合わせる。

クワトロ・システムは、コンパクトかつ軽量な電子油圧制御式の多板クラッチを採用し、前後アクスルにトルクを可変配分することにより、大パワーを確実に路面へ伝達。優れた高速安定性と操縦安定性を実現している。0-100km/h加速タイムは4.1秒だ。なお、この2.5Lターボエンジンは「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」の2~2.5Lカテゴリーにおいて、9年連続ベストエンジン賞に選出されている。

新型コロナウィルス感染拡大防止のために、開幕が延期となっていたツーリングカーレース「TCRジャパン」は、7月25〜26日にスポーツランドSUGOにていよいよ開幕する。このTCRジャパンには、今回発表されたRS3セダンをベースに開発された2台の「RS 3 LMS」が、Audi Sportカスタマーレーシングチームにより参戦する予定だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!