ついにマセラティも電動化! 4ドアセダンの「ギブリ・ハイブリッド」がデビュー

AUTHOR
2020/07/21 10:00

「マセラティ・ギブリ」の新バリエーションとして2LターボのマイルドHVを搭載。5.7秒の0-100km/h加速と最高11.8km/Lの燃費を実現

7月16日、マセラティはブランド初のハイブリッドモデルとなる「ギブリ・ハイブリッド」を発表した。

パワートレインは2L直列4気筒ターボエンジンとZF製8速ATに、電動スーパーチャージャー「e-Booster」を含む48V電装システムを組み合わせたマイルドハイブリッドで330ps/450Nmを発揮。5.7秒の0-100km/h加速タイム、255km/hの最高速をマークする一方で、最高11.8km/LのWLTPモード燃費を実現している。

バッテリーを車体後部に搭載したことによって前後重量配分が最適化された点も特徴で、1878kg(認証値)の車両重量はディーゼルエンジン仕様車より約80kg軽い。

内外装はハイブリッドを主張するディテールが与えられている。エクステリアではフロントフェンダー後方の3連エアベントやブレーキキャリパー、そしてリヤピラーの「トライデント」エンブレムにブルーのアクセントカラーを採用。インテリアではシートやドアパネル、ダッシュボードのステッチと、ヘッドレストに刺繍されるトライデントロゴがブルーとなる。

さらに、フロントグリルには音叉(おんさ)をモチーフとしたデザインを新たに採用。かつての「3200GT」やコンセプトカー「アルフィエーリ」からインスピレーションを得たブーメラン形状のテールランプも特徴に挙げられる。

ギブリ・ハイブリッドは欧州および中国で10月末からデリバリーがはじまり、その後、他の市場にも導入される見通しだ。マセラティは電動化戦略をこの「ギブリ・ハイブリッド」を皮切りに加速させる方針で、次期「グラントゥーリズモ」および「グランカブリオ」は同社初のピュアEVに生まれ変わり、2021年に発表される予定だ。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!