ヤナセの2019年度決算、営業利益が大幅増

田畑修
AUTHOR
2020/07/18 08:00

輸入車販売最大手のヤナセが2019年度(2019年4月〜2020年3月)の決算を発表。売上高は前年度比0.4%減の4360億900万円と横ばいだったが、営業利益は25.6%増の56億9900万円と大幅に伸び、純利益は9.4%増の43億6300万円とこの時代に利益増を確保。新車販売台数は3.2%減、中古車販売台数は6.3%減と苦戦したが、販売費用や管理費用の削減効果で利益増を果たす。

ルボラン2020年8月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!