【メンテナンス&リフレッシュ】「コードテックCAM・CORE OBJ アンティスタティクボディコートプラス」空気の流れを整えるリキッドチューニング!

太田 輝
AUTHOR
2020/07/06 12:00

エアロダイナミクスで走りが激変するのは周知の事実。しかし、エアロ関連のパーツは得てして大型で高額だ。そういった既成の事実に一石を投じるアイテムが登場。なんと、コーティングで空力を改善するというのだ。

エアロダイナミクス界の価値感を覆す電気の力

効く、効く。まず、停止状態からタイヤが転がり出す最初の動きが軽いのに驚かされる。中間加速では、まるで車重が軽くなったかのようにスッと車体が前に出るし、クルージングでは抵抗が減って滑らかに滑走する感覚を味わうことができる。その一方で、速度の上昇に伴って車両がドッシリと安定して、ピッチングも封じ込まれていく。高い安心感と快適な乗り心地まで実現されてしまうのだ。

クルマの外側はプラスの電荷を帯びており、それが外気の流れを乱す原因となっている。帯電を抑制することでクルマが持つ本来の空力特性へ近づけられ、走行性能を引き上げることができる。

さらには、ライントレース性やステアリングの応答性など、クルマの運動性能を全般に底上げする効果があり、スポーツ走行にもテキメンの効果を発揮するという。
というように、体感できる効き目をまざまざと見せつけたのは「CORE OBJ ANTISTATIC」シリーズだ。用意されるのは、ふたつのボディ用撥水コーティング剤と、タイヤ&プラスチック向けのコーティング剤。いずれも、プラスの電荷を帯びたボディなどが空気の流れを阻害する点に着目、ボディの耐電を抑制してクルマ本来のエアロダイナミクス効果を発揮させるという。

ボディーコート剤はANTISTATIC BODY COAT PLUS(4,400円/250mL)と帯電防止成分を2倍配合したHIGH ANTISTATIC BODY COAT PLUS(6,600円 /250mL)の2タイプ。タイヤとプラスチック用のコートにはANTISTATIC TIRE PLASTICCOAT(4,400円/235mL)が用意される。

これまで、クルマの空力特性を改善するとなると、なんらかの物理パーツ、それも大がかりな装置が一般的で効果的でもあった。ゆえに、空力改善には大きな仕掛けがマストという既成概念が定着している。そこに、パラダイムシフトをもたらしたのがCORE OBJ ANTISTATICシリーズ。確実な効果が得られ、自分で施工可能、見た目の趣味嗜好に依存せず、価格もお手頃と新たな価値を構築するに十分の内容だ。

コーティング剤はスプレーで液剤をマイクロファイバークロスなどに染みこませてボディに塗布するだけという手軽さ。施工後は強力な撥水効果と濡れたような艶が生まれる。

撥水も強力で水玉は小さくボディ表面を転がる。また、深く濡れたようなツヤが生まれるのも嬉しい。愛車に、お手軽/お手頃にバツグンの走行性能と輝くルックスをアドオンできるとは夢のようではないか。

お問い合わせ
コードテックCAM 03-6805-8893 http://codetech-core.jp/obj/

フォト=宮越孝政/T.Miyakoshi ルボラン2020年8月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!