バイクでも名車再生! ホンダが「VFR750R(RC30)」の「リフレッシュプラン」をスタート

H.Tanaka
AUTHOR
2020/06/30 15:30

整備作業は熊本に開設される「モーターサイクルリフレッシュセンター」で実施

ホンダは1987年に限定販売された高性能スーパースポーツモデル、「VFR750R(RC30)」を対象にベストコンディションに維持するプログラムの「リフレッシュプラン」をスタートさせる。ユーザーによるこのプログラムへの相談および申し込みは、「RC30リフレッシュプラン受付店(全国指定7店舗のホンダ・ドリーム)」で7月28日(火)より開始する。なお、実際の整備作業は8月上旬に熊本製作所内に開設される「モーターサイクルリフレッシュセンター」で行なう予定だ。

なお、このリフレッシュプランのスタートとともにVFR750R(RC30)の部品を新たに再生産。純正部品として6月30日(火)より順次ホンダ二輪車正規取扱店にて販売される。今回のVFR750R(RC30)のリフレッシュプランは、企画にあたり四輪スポーツカー「NSX」のリフレッシュプランで培ったノウハウを活用。二輪専用として最適化が図られているという。

VFR750R(RC30)のリフレッシュプランの詳細は、下記ホームページ参照。
https://www.honda.co.jp/motorcycle-refresh-plan/
VFR750R(RC30)の純正部品再販売は、下記ホームページまで。
https://www.honda.co.jp/bike-genuineparts/

リフレッシュプランの申し込みから納車までの流れ

車両確認

RC30リフレッシュプラン受け付け店へ電話で連絡後、車両の状態を確認の後受け付けが可能かを判断。その後、利用者自身がRC30リフレッシュプラン受け付け店へ車両を持ち込み、受け付け店の整備士が車両の状態と書類等を確認。

整備申し込み

モーターサイクルリフレッシュセンターの整備士が、RC30リフレッシュプラン受け付け店に行き、車両を確認しながら希望する整備メニューを確認した上で適切な整備メニューを提案。利用者が内容を了承したうえで申込書を記入する。

整備開始前最終確認

1.RC30リフレッシュプラン受け付け店よりモーターサイクルリフレッシュセンターへ車両を搬送。現地で分解確認したうえで、整備申し込みに対して追加整備が必要な場合、利用者に連絡し了承したうえで整備を開始。

リフレッシュ整備
1.熟練の整備士が利用者の車両を丁寧に整備。必要に応じ、整備状況の写真を利用者とRC30リフレッシュプラン受け付け店に送付し報告。

完成検査
整備主任者による出荷前完成検査を実施するとともに、実走行で整備完成状態の確認を行なう。その後、整備明細およびリフレッシュプラン保証書を作成。

納車

モーターサイクルリフレッシュセンターから整備完了した車両を搬送、RC30リフレッシュプラン受け付け店より利用者へ車両を納車。

VFR750R(RC30)のリフレッシュプランのメニュー

車両コンディションとオーナーの要望をもとに、3段階のメニューを構成。それらを組み合わせることで、1台1台に最適な整備内容を提案する。

・基本メニュー
新車から30年以上経過したRC30に必要な整備メニュー(申し込み全車両が必ず受ける整備)

・プランメニュー
エンジン、足まわりなどの機能領域ごとにまとめて実施すべき項目の整備メニュー

・オプションメニュー
プランメニューを選択したうえで、車両のコンディションとオーナーの要望を踏まえ追加する整備メニュー。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!