【スクープ】日産の新型「フェアレディZ」続報! 市販モデルのエクステリアはこうなる?

2020/06/29 07:00

トップグレードは400㎰の「Z400」改め480㎰の「480Z」に?

日産伝統のスポーツモデル、次期「フェアレディZ」のエクステリアをティザー動画から予想してみた。日産では5月に動画の「NISSAN NEXT:From A to Z」を配信。2023年までの4カ年計画を発表しているが、それによると今後18カ月で12の新型車を投入するという。その動画で初めて姿を見せたのが次期「フェアレディZ(海外名370Z)」だ。

次期Zプロトタイプ

ティザー動画ではロングノーズ、ショートデッキという伝統のシルエットとともに、「コ」の字型LEDデイタイムランニングライトが点灯している姿が確認できる。新型では、「インフィニティQ60」とプラットフォームやパワートレインを共有、兄弟モデルになる可能性がある。

次期Zプロトタイプ

今回の予想CGでは、現行モデルのテイストに加え往年の「240Z」を彷彿とさせる造形をプラス。ウインドーグラフィックはフロントからサイド、リヤまで一体感を持たせたものとし、サイドアンダー部分にはフロントから取り入れた空気をサイドからリヤへ流す大胆なダクトもレイアウト。フロントは、ヘッドライトも240Zの丸型をイメージしたものとしつつブルーLEDで進化、グリル部分は、大型のリップスポイラーを組み込んだスポーツカーらしいデザインとしている。

次期Zプロトタイプ

搭載が予想されるパワーユニットは3L V6ツインターボで、最高出力はライバルとなる「トヨタ・スープラ」を凌駕。高性能グレードには「Z400」の車名とともに400psのスペックが与えられると噂されていたが、最新情報では「480Z」の車名と480ps以上になるというものもある。以前の情報では最高出力500㎰を発揮するNISMOバージョンがラインアップされるという話もあっただけに、480Zとの関係も要注目だ。

次期Zプロトタイプ

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!