カッコよさに磨き! メルセデス・ベンツ日本が新型「GLEクーペ」の受注を開始

AUTHOR

3Lディーゼルの「GLE 400d」と高性能ガソリン仕様「AMG GLE 53」の2グレードを設定

6月11日、メルセデス・ベンツ日本は全面改良を受けて2代目に移行した新型「GLEクーペ」の注文受け付けを開始した。設定グレード、および消費税込みの車両本体価格は以下のとおり。顧客への納車は6月下旬からを予定している。

●メルセデス・ベンツ「GLEクーペ」モデルラインアップ
・GLE400d 4MATICクーペ・スポーツ:11,860,000円
・メルセデスAMG GLE53 4MATIC+クーペ:14,210,000円

2016年に誕生したGLEクーペは、メルセデス・ベンツSUVの中核モデルであるGLEをベースにクーペスタイルを採用。スタイリッシュでSUVらしい存在感、そして走行性能と利便性を備えたモデルだ。2代目となる新型は、SUVクーペとしての個性を引き継ぎながら内外装デザインを一新、最新の技術や装備を搭載して生まれ変わった。

ボディサイズは全長4955×全幅2020×全高1715mmで、ホイールベースは2935mm。このサイズは従来型に比べて65mm長く、5mm幅広く、15mm低い。ホイールベースも20mm拡大された。

ボディサイズの拡大により、居住性や積載性が向上。荷室は655〜1790Lと、クーペスタイルながら十分な容量が確保されている。なお、この容量は従来型より70Lのプラスだ。

また、荷室へのアクセス性を高める機能ではエアサスペンションを標準装備した効果でボタン操作でラゲッジフロアを50mmダウンさせることができるほか、リヤバンパー下側に足を近づけるだけでリヤゲートが開閉できる「フットトランクオープナー(テールゲート自動開閉機能)」が標準装備されている点も特徴となる。

内外装の造形は、メルセデス・ベンツの新世代デザインを採用。さらにスポーティで洗練されたルックスが与えられた。ロー&ワイドなボディに21インチサイズの大径ホイール組み合わせるアピアランスは、質の高い走りのイメージと個性的なルックスを高次元で両立させたものといえる。

GLE 400d 4MATICクーペ スポーツ

ラインアップは、330ps/700Nmを発揮する3L直列6気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載する「GLE400d 4MATICクーペ・スポーツ」と、435ps/520Nmの3L直列6気筒ターボエンジンに、ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)や48V電気システム、および電動スーパーチャージャーを組み合わせ、さらに可変トルク配分を行うパフォーマンス志向の四輪駆動システム「AMG 4MATIC+」を組み合わせた「メルセデスAMG GLE53 4MATIC+クーペ」の2グレードが設定された。

メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+ クーペ

メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+ クーペ

新型GLEクーペには先進の運転支援システムや、自然対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」が標準装備。さらにテレマティクスサービス「Mercedes me connect」が標準設定され、安心・便利なカーライフを快適にサポートする。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!