1958年から25年間F1を取材し続けたカメラマンを通したモータースポーツの技術革新と異端児たちに注目【新書紹介】

2020/05/27 10:00

F1 Mavericks F1の異端児たち

エンジンの搭載位置やターボなどの技術進化、ウイングの活用やシャシー素材の進化などモータースポーツの革新が急速だった時代。その最先端のF1には奇想天外な発想を持つデザイナーや個性的なオーナーなど、異才を放つ人々が集まりレースを繰り広げていた。

本書は1958年から25年間に渡りF1を取材し続けた一カメラマンの写真を通し見る、モータースポーツの技術革新とそこに集うマベリック(異端児)たちの功績に注目した写真集である。

C・チャップマンやG・マレー、B・エクレストンなどF1に革命的変化をもたらした16名について、年々進化するグランプリの姿と共に彼らのパーソナリティや功績を紹介。技術詳細に深入りせず、一部他者撮影の写真も含むが、初出ばかり300枚を手頃で見易い書籍サイズにまとめられている。まるで絵巻物を見るかのようにF1の変化を通し見ることが出来、カバー下の本体表紙にも写真があてがわれるなど、センス良く所有感のある一冊に仕上がっている。

F1 Mavericks F1の異端児たち
6,875円(税込)
著者など:Pete Biro&George Levy(著)
出版社:Motorbooks
ハードカバー/W285×H242/モノクロ・カラー/240P/英語

情報提供:代官山蔦屋書店

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!