【比較試乗】「メルセデス・ベンツ GLE vs ボルボ XC90 vs BMW X5」パワーユニットの違いと満足度の相関関係とは?

萩原秀輝
AUTHOR
2020/05/20 11:00

ドライブトレイン、室内快適性、佇まいなど、あらゆるパートがプレミアムであり、絶品のバランス感を有するアッパーミドルクラスのSUVが集結。その中でもガソリン、ディーゼル、ハイブリッドを積む3台は、与えてくれる満足感にどのような違いがあるのかテストした。

期待を超える走りを得たMの称号を冠したモデル

このクラスのSUVは、車両重量がかさんで当たりまえだ。同行の3モデルは、いずれも2300kgを超える。それだけに、燃費性能は二の次になりそうだが近年ではそんな妥協は許されない。パワーユニットの高性能化とともに高効率化をすることは、メーカーとしての社会的な責任といえる。

BMW X5 M50i

そうした背景のなか、BMWはX5にプラグインハイブリッドの45eとMモデルに迫る実力を備えるM50iを追加。Mの称号が冠されてもM50iの高効率化も抜かりなく、4.4LのV型8気筒ツインターボエンジンは従来型X5の50iと比べて最大トルクを15%以上も上乗せし750Nmを発揮しながら、燃費への影響を1%あまりに抑制している。

BMW X5 M50i/4.4L V型8気筒エンジンを搭載し、ツインターボはVバンクの間に納められる。同行のモデルでは比較的に軽量だがそれでも車重は2310kgに達するが前後重量配分はお約束の50:50だ。

それだけに、強力なトルクは圧倒的な力強さの余裕をもたらす。高速域でDレンジ8速のままアクセルをわずかに踏み足せば、メーターにトルクを表示すると1000rpm台で700Nm超えに到達。エンジン音が耳に届かないにもかかわらず、ヘビー級のX5が何とも軽ろやかに加速するのだ。

BMW X5 M50i/最新インターフェイスとなるBMWライブ・コクピットを採用。

その一方で、アクセルを踏み込むとガソリンエンジンらしさが炸裂。中回転域までは爆発力の大きさを知らしめるような鼓動を刻むが、高回転域ではそれが連続しコーンという感じで聴覚を貫く高周波サウンドとなる。そして、6000rpmから始まるタコメーターのゼブラゾーンを針が切り裂き6500rpmまで一気に吹け上がる。加速の鋭さが感覚的に増幅されるだけに、刺激の強さは限りなくX5Mに近いはずだ。

BMW X5 M50i

それでいて、走りの洗練度が高い。走行モードがアダプティブなら、オプションのエアサスペンションを含むシャシー制御が最適化される。コーナー進入時には、スッキリした手応えのステアリングを切り込むのに合わせてロールがジワーッと進みアウト側に荷重がシッカリ移る実感がある。イン側の荷重が減る感じはほとんどないだけに、4輪が路面を確実につかむ様子が想像でき安心してコーナーを駆けぬけることが可能だ。

BMW X5 M50i/X5は3列目シートをオプションで用意。

しかも、乗り心地が快適だ。サスペンションは、荒れた路面でも衝撃の角を削るかのようにストロークするからだ。タイヤが少しだけビョーッという音を発する場面もあるが、ゴーッという感じのロードノイズは抑え込まれているため優れた静粛性も得ている。

BMW X5 M50i/5人乗り仕様は荷物スペースが広く650~1870Lの容量が確保される。

フォト=安井宏充/H.Yasui(Weekend.) ルボラン2020年5月号より転載

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!