アウディ撤退発表で今後のDTMはどうなる?【池ノ内ミドリのバイエルン日記】

今後はフォーミュラEとカスタマースポーツへの活動に集中

コロナ禍の中、突如アウディはDTM(ドイツツーリングカー選手権)から撤退する事を発表し、今季のカレンダーの改正を行う途中のDTM関係者やファンに大きな衝撃が走った。

コロナパンデミックに起因する経済的な背景を理由に、アウディAGは27日月曜日にDTMを運営するITRへ離脱届を提出した。
今後はフォーミュラEとカスタマースポーツへの活動に集中し、将来を見据え、他のプログレッシブモータースポーツのフォーマットの検討をしている事をアウディAGの代表取締役のマルクス・デュスマン氏は伝えている。

ディスマン氏は、かつてBMWモータースポーツに在籍し、F1のエンジニアとして活躍していた経歴を持ち合わせており、モータースポーツ活動には深い理解を示していると思われるが、「フォルクスワーゲングループ全体で1週間に失っている金額は固定費だけで約20憶ユーロ(約2300憶円)」とフォルクスワーゲングループ代表取締役のヘルベルト・ディース氏がドイツの公営放送ZDF局のインタビューでコメントしている通り、コロナ禍の経済的打撃が厳しい事を物語っており、非常に高額なDTMの活動を行っている場合ではないのかも知れない。

アウディは1984年に、アウディ80でDTMに参戦開始。その後、200、V8クワトロ、TT、A4、A5をベース車両とするマシンで戦い続け、名実共にDTMを通して、どのポテンシャルとブランディングを確立したのだった。 23ものチャンピオンシップタイトル獲得、通算114勝を挙げ、345ものポディウムに立ち、106度のポールポジション、112のファステストラップを誇る等、アウディのDTM活動の中で数多くの勝利を飾り、華々しい時代を築いた。2019年はドライバー、チーム、マニファクチャーの全チャンピオンシップタイトルを獲得し、多くの記録を更新する等、アウディのモータースポーツ活動の中で最も成功し、輝いたDTMシーズンのひとつだったと言えるだろう。

2019年11月に富士スピードウェイで開催された、スーパーGTとの特別交流戦にはアウディのDTMマシンが本邦初公開となり、多くの話題をさらった。「現在の困難な状況が急速に改善し、今年もいくつかのDTMレースが行われる事を願っている」と開発ディレクターのハンス・ヨアヒム・ローテンピーラーは述べるが、現在は新型コロナウイルの感染拡大防止の為、ドイツ政府の通達した8月31日まで大型イベントの禁止令を受け、今季に残りどれだけのレースを開催する事が可能なのか、全く先の見えない状態ではあるが、少なくともいくつかのラウンドが実施され、ファンと直接お別れの機会が行われる事を願うばかりだ。

この記事を書いた人

池ノ内 ミドリ

武蔵野音楽大学および、オーストリア国立モーツアルテウム音楽院卒業。フリーランスの演奏家を経て、ドイツ国立ミュンヘン大学へ入学。ミュンヘン大学時代にしていた広告代理店でのアルバイトがきっかけでモータースポーツの世界と出会い、異色の転身へ。DTM、ル・マン/スパ/ニュルブルクリンクの欧州三大24hレースを中心に取材・執筆・撮影を行う。趣味は愛車のオープンカーでヨーロッパのアルプスの峠をひたすら走りまくる事。蚤の市散策。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!