【スクープ】ピュアEVへと転身するジャガーの旗艦、次期「XJ」のフロントマスクが見えた!

2020/05/02 12:00

注目の最大航続距離は470km、プラットフォームには「MLA」を採用!

ジャガーのフラッグシップサルーン、「XJ」の次期型プロトタイプが以前より鮮明な姿でカメラにキャッチされた。

フィンランド北部に現れたプロトタイプは、依然として厳重なカモフラージュが施されておりディテールは不明。しかし、今回は初めてフロントマスクのアウトラインが鮮明に露出し、ヘッドライトやターンシグナルの位置も確認できた。

この次期XJのプラットフォームには、より軽量でEVと内燃機駆動の両方のドライブトレインをカバーする「MLA」(Modular Longitudinal Architecture)を採用。プロトタイプではアーチ型のルールラインが確認できるほか、ファストバックを彷彿とさせるリヤ回り、ボディサイドをスマートに演出するポップアップドアハンドルなども確認できる。

ピュアEV化される時期XJのパワーユニットは各ホイールに1基ずつ、最大4基の電気モーターを配置。総電力量90.2kWhのバッテリーパックを組み合わせ、最大で292マイル(470km)の航続距離を達成しているという。

そのワールドプレミアは、2021年以降という説が有力。オーストリアのマグナシュタイアーで生産される「Iペイス」とは異なり、次期XJは英国にあるジャガーの「Castle Bromwich」(キャッスル・ブロムウィッチ)工場が担当する予定。プレミアムEVサルーンの市場では、すでに「テスラ・モデルS」や「ポルシェ・タイカン」などがしのぎを削っているが、次期XJが登場すればその戦いは一層激しいものとなるだろう。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!