アウディがコロナウイルス克服の連帯を訴えるコンサートをプレス工場で開催

H.Tanaka
AUTHOR

メインの奏者はアウディ・サマーコンサートの芸術監督を勤めるリサ・バティアシュヴィリ女史

アウディは、今回のコロナウイルス危機においてインゴルシュタットから連帯を呼びかけるメッセージを発信する。人気ヴァイオリニストであり、アウディサマーコンサートの芸術監督を務めるリサ・バティアシュヴィリ氏と著名ミュージシャンが、4月14日(日本時間15日)にアウディのプレス工場でコンサートを開催する。このコンサートは、国際的な活動「#AudiTogether(アウディ・トゥギャザー)」の一環として実施するもの。また、アウディは、新型コロナウイルスが引き起こした危機に対し、本拠地における国内および国際的な人道的活動を支援するために500万ユーロを寄付した。

 

アウディ・サマーコンサートのメインヴァイオリニストでもあるバティアシュヴィリ氏は、次のように述べている。

「音楽は、国境を越えて人々を結びつけます。私たちは、このメッセージをアウディの本拠地から発信して、数多くの人々に未来への希望と喜びの瞬間を提供したいと思っています。この非常にユニークな場所でライブコンサートを行ない、それを視聴者の方々とデジタルで共有することで、私たちは新しい視点を切り開いていきます」

通常、アウディのプレス工場では大きな騒音の中でボディコンポーネントが製造されているが、アウディは2012年と2015年にも工場でコンサートを開催。この場所が、クラシック音楽にとって洗練された音を生み出すコンサートホールになり得ることを証明している。しかし、今回は小グループのミュージシャンが巨大なプレス装置を隔てて座る。そこには、ステージもなければ聴衆もいない。そのパフォーマンスは、ライブストリーミング用のカメラのみが撮影。これにより、視聴者はアウディ生産施設の舞台裏を垣間見ることもできる。

アウディAG人事および組織担当取締役のサビーネ・マーセン氏は、次のように述べている。

「人と人との距離が離れていくこの時期に、音楽はこれまで以上に魂の癒しになるでしょう。隔てられた空間の中で、このようなコンサートを共同体験することで、社会の連帯感を高めることができます。アウディの従業員、お客様、そしてファンの皆様のためにこのイベントを開催してくれるミュージシャンの方々に心から感謝します。このコンサートでは、十分な距離を保ち、すべての参加者の健康を守ることを最優先事項としています。コロナウイルスによる生産停止が解除された後も、私たちは同様の対策によって従業員の健康を守ります」

生産再開時には、すべての活動、スケジュール、プロセスが従業員の健康を確保できるように調整される。職場における十分な保護対策を実施することにより、プレミアムモデルとしての品質を確保しながら管理された方法で生産が再開されることになる。

出演者とプログラム
ミュンヘン在住のヴァイオリニスト、リサ・バティアシュヴィリ氏が彼女の夫であり、有名なオーボエ奏者のフランソワ・ルルー氏とともに4月14日午後8時(中央ヨーロッパ標準時、日本時間4月15日午前3時)からステージに登場。他の演奏者は、著名チェリストのマクシミリアン・ホルヌング氏、彼のパートナーでありドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団(ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン)のコンサートマスターを務めるヴァイオリニストのサラ・クリスチャン氏、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団のソロヴィオラ奏者のヤノ・リスボア氏。
プログラムはベートーヴェン、バッハ、ヘンデル、モーツァルトの作品から構成、プログラムの司会者はアレクサンダー・マッツァが務める予定だ。

ウェブ・ストリーミングサービスのコンサートは、
URL:www.audi.com
YouTube:(@Audi)
Facebook:(@Audi.AG)
Twitter:(@AudiOffical)
で配信。4月14日午後8時(中央ヨーロッパ標準時、日本時間4月15日午前3時)からライブで公開され、ライブストリーミングはwww.audimedia.tvで視聴可能になっている。また、Smart TV経由でAudi MediaTVアプリを利用可能となっている。コンサート終了後はwww.audimedia.tvで録画バージョンを視聴することも可能だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!