ベントレーがブライトリングとの17年におよぶコラボを記念した限定モデルをリリース!

AUTHOR

「ベントレーコンチネンタルGTマリナー・コンバーチブル」に採用されたベントレーのデザインDNAを色濃く反映

ベントレー・モーターズはこのほど、2002年よりパートナーシップを結んでいる高級時計ブランド「ブライトリング」との17年にわたるパートナーシップを祝って、新たなコラボレーションウオッチ「ブライトリング・プレミア01クロノグラフ・ベントレー・マリナー・リミテッド・エディション」を、世界1000個限定で発売すると発表した。

ベントレーとブライトリングの蜜月関係は、初代「コンチネンタルGT」が開発段階にあった2002年から始まった。2003年に登場した初代コンチネンタルGTから、ベントレー車のインスツルメントパネルにはブライトリング製オンボードクロックが装着されている。

このたび発表された新作の自動巻クロノグラフは、ベントレーの新型「コンチネンタルGTマリナー・コンバーチブル」に採用されたベントレーのデザインDNAを色濃く反映。42mmのステンレススチールケースに、同車の内装で用いられたインペリアルブルーをアリゲーターストラップに採用。エレガントなシルバーのダイヤルは、同車に装着されるクロックを思い起こさせるディテールだ。

文字盤は3時位置のカウンターと9時位置のスモールセコンドを、ブルーのサブダイヤルで採用。ムーブメントはブライトリングの自社製「キャリバー01」で、パワーリザーブは約70時間を誇る。

文字盤外側には青地に白文字のタキメータースケールを、内側には赤文字の60分スケールをレイアウト。文字盤に表示される時間数字は、車載クロックが12、3、6、9であるのに対して、このウオッッチでは車載クロックで非表示となる1、2、4、5、7、8、10、11を表示。オンボードクロックとウオッチで数字を補完しあっているわけだ。

そのほかの特徴的ディテールとして、ケースの左サイドに「BENTLEY」の刻印が入ったプレートや、ケースバックに「MULLINER EDITION – BREITLING – ONE OF 1000」のシリアルナンバーが表示される点が挙げられる。

ストラップの留め具は、フォールディングバックルとピンバックルの2種類を設定。欧州での予定販売価格はそれぞれ、8100ユーロ(約95万9000円)、7900ユーロ(約93万5000円)だ。

■「ブライトリング・プレミアB01クロノグラフ・ベントレー・マリナー・リミテッド・エディション」
・Ref:AB0118A71G1P1/AB0118A71G1P2
・ムーブメント:キャリバー01(ブライトリング自社製)
・振動数:2万8800
・パワーリザーブ:約70時間
・ケース素材:ステンレススチール
・ケースサイズ:42mm
・ケース厚:13.65mm
・風防素材:サファイアクリスタルガラス
・防水性能:10ber(100m)
・ストラップ:ブルーアリゲーター

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!