10年経っても飽きることのない新型ジムニーのレトロフューチャーなスタイル【ジムニー天国2020】

2020/03/17 08:00

オフでの性能を落とすことなく快適な乗り心地を実現!

さまざまな手法を持ちつつも、特にオールドフォーホイラーな香りが漂うカスタムが得意なジムケンタック。「10年以上経っても飽きないクルマ作り」をコンセプトに、このJB64をコーディネイトした。

ご覧の通り、エクステリアには往年の名車を感じさせるエッセンス、ジムニー定番のカスタム技法、そしてJB64らしい新しさが融合しており、非常に魅力的なエクステリアに仕上がっている。

ボディとのマッチングが高く、JB64の良さを増幅させるフロントグリル、バンパー、フォグの3点。

外装での1番の特徴は、オーバル形状のSSグリルで、ランドクルーザー40系を思わせる顔つきになった。また、それと連続するバンパーは、フォグランプ(別売り)、スキッドプレートが一体化したデザイン。何となくもっさりとした感があるノーマルのフロント部を、シャープな小顔に変貌させた。また、ボディサイドにゲレンデヴァーゲン調のサイドモールを装着することで、ノーマルの腰高感をグッとシェイプアップしているのもポイントが高い。

リアビューを引き締めると同時に、デパーチャーアングルを改善できるリアバンパー。

サスペンションはオリジナルのキットを使って、ひかえめに2インチアップ。ただし、6.50×16サイズのマッドタイヤは十二分な存在感を出しており、マッシブな雰囲気がしっかりと演出できている。

つや消しのハードタックルと6.50×16のジオランダーM/Tが足元をマッシブなイメージに変える。

リアに回ると、ここでもエクステリアのバランス感がしっかりと考えられている。ノーマルのリアコンビネーションランプを流用しながら、オリジナルのリアバンパーでグッとボトムアップ。さらに、オリジナル製のチタンルックマフラーによって、リアビューをグッと引き締めており、レトロ感の中にもスポーティさを失っていない。

2インチアップに伴い、ジオメタリーの補正やブレーキホースのロング化を実施している。

もちろん、この64の美点は外観だけではない。使用シーンのほとんどがオンロードであることを考えて、オフでの性能を落とすことなく快適な乗り心地に仕上げている。

オリジナルのSPメンバーは、リフトアップによるプロペラシャフトの干渉を回避するパーツだ。

サスの味付けは、快適な乗り心地、シャープなコーナリング性能、高速での直進安定性を主眼にした。

テストドライバー:中田和夫 ジムニー天国2020より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧