クロカン4駆という泥臭いカテゴリーから新たな快適RVとしての空間作りを提案した新ジムニーとは【ジムニー天国2020】

2020/03/16 08:00

時代の一歩先を行く工藤自動車のJB64

JB64になってから新たなユーザーが急速に増え、ユーザーニーズも今までと変わってきた。ジムニーの位置付けは、今までクロカン4駆という泥臭いカテゴリーだったのが、レジャービークルへと進化している。室内空間も充実し、快適装備も他の車両と比べ遜色ない。今回、工藤自動車のデモカーは、そんなユーザーへの提案でもある。

エクステリアは、オリジナルの前後スチールバンパーを採用。オフロードテイストを残しつつ、スタイリッシュ。アウトドア系のレジャービークルとして運用するため、積載量アップを目的にリアゲートへカーゴを装着。

オリジナルのグリル、バンパー、スキッドプレート。オフロードテイスト満点のフェイス周り。

リアゲートへ脱着ステーを装着しリアカーゴを設置。かなり強固で利便性は高い。

特筆すべきはオーディオだ。イタリアのハーツというブランドの13cmスピーカーをアダプターを介して装着。別体ツイーターを追加。タイムアライメントを行い、ジムニーの室内空間を適正な音場となるように調整。クロスオーバーで、音域レベルと特性を好みに合わせ設定。クリアな音質と低音を併せ持つオーディオルームとしている。クルマを走らせるために乗るのではなく、快適空間に身を置くことが楽しいと思わせる室内だ。今回のオーディオチューンはステップ1。デッドニングや追加ウーハーなど、対応できるオーディオチューニングには際限がない。

ドアトリムに一切の加工を行わずに、ハーツの高音質13㎝スピーカーを装着。変換アダプターを製作済み。

さらに、eチューニングと呼ばれる、導電効率を向上させるアイスフューズやアイスグリスにも注目。ハイレスポンスアーシングケーブルで、オーディオチューンのアシストや、動力性能向上を実現。電子制御てんこ盛りのJB64には有効な手段だ。

従来のシフトノブがそのまま使える変換アダプターを販売。このおかげで選択肢は無限となる。

加工レスで装着できる幅狭のフットレスト。ミッション車特有の狭い空間で干渉せずに操作可能となる。

ルックスが良いのは当たり前。これからのジムニーチューニングは、目的に合わせた使い勝手や、快適空間作りが重要となる。そんな一歩先を行く工藤自動車のJB64だ。

薄型のリアバンパーに対応したマフラー。今後、工藤自動車5次元ブランドでリリース予定。

テストドライバー:那須一博 ジムニー天国2020より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧