マクラーレン最新の“ロングテール”「765LT」がデビュー!

AUTHOR
2020/03/15 09:00

45psアップ&80kgの軽量化で、2.8秒の0-100km/h加速を実現

マクラーレン・オートモーティブはこのほど、720Sをベースにした限定モデルの「765LT」を765台発売すると発表した。

車名に添える「LT」とはロングテールの略。1990年代に登場したレーシングカー「マクラーレンF1 GTRロングテール」で初めて採用されたネーミングで、その後スペシャルなモデルにつけられてきた。ベースモデルと比べてリヤオーバーハングをストレッチさせ、エアロダイナミクス性能を高めているのが特徴だ。このたび発表された765LTは、リヤオーバーハングを720Sの4544mmから4600mmにまで拡大させている。

エンジンはベースの720Sと同様に4L V型8気筒ツインターボを搭載するが、車名が示すとおり最高出力は765psにまで高められている。最大トルクは30Nm上乗せとなる800Nmを発揮する。

トランスミッションは7速DCT(SSG)を組み合わせ、2.8秒の0-100km/h加速、7.2秒の0-200km/h加速を実現。この加速データは720Sの性能をそれぞれ0.1秒、0.6秒短縮したもの。最高速は720Sの341km/hに対して、765LTは330km/hに抑えられいる。

加速性能の向上には、エンジンのスペックアップだけでなく、徹底追求されたボディの軽量化が大きく寄与。カーボンファイバーの積極的な採用はもちろん、10スポークデザインのアルミ合金ホイールやチタン製ボルトは超軽量仕様となるほか、ウインドーガラスは薄型を採用。リヤウインドーはモータースポーツマシンにもよく見られるポリカーボネイト製という徹底ぶり。センター4本出しのエキゾーストシステムはチタン製だ。これらによって車両重量は1339kgを実現。720Sより80kgも軽く仕上げられているのだ。

エンジンのスペックアップに伴い、ブレーキ性能も強化されている。フロント用が390mm、リヤ用が380mmのディスクはカーボンセラミック製が標準で、同社のアルティメットシリーズに属する「マクラーレン・セナ」用のキャリパー(フロント6ピストン/リヤ4ピストン)が組み合わされる。制動距離は100-0km/hで29.5m、200-0km/hで110m以下を実現した。ちなみに720Sの場合はそれぞれ30m、118mだから、制動性能も確かな強化が図られていることがわかる。

内外装のデザインの基本は720Sに準じているが、シート後方にはエンジンの一部を露出させて、視覚的かつ聴覚的にハイアウトプットエンジンの存在を乗員に認識させてくれるなど、凝ったディテールも見られる。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!