【スクープ】コンパクトSUVの開祖、「スズキ・エスクード」の次期型は48Vマイルドハイブリッドを搭載!

2020/02/27 08:00

スタイリングはクーペテイストを取り入れたスポーティな仕上がりに?

スズキのコンパクトSUV、「エスクード(海外名はビターラ)」の次期型に関する情報を入手。今回は、それを元に予想CGを制作した。

現行ビターラ(エスクード)

現在に至るコンパクトSUVカテゴリーの開祖ともいうべきエスクードは、1988年に初代がデビュー。当初は2ドアボディのみの展開だったが1990年に5ドアの「ノマド」を追加、独自のポジションを築いた。1997年には2代目、2005年には3代目へと進化し、グローバル市場では「グランド・ビターラ」」として人気を博した。4代目にあたる現行型は2013年にコンセプトモデル「iV-4」として初公開、その後2015年に発売されている。

現行ビターラ(エスクード)

さて、次期型では全体的なシルエットが丸みを帯びた造形となることが予想される。Aピラー、Cピラーともに傾斜が強まりクーペテイストが盛り込まれるようだ。一方、ボディサイドには立体的なキャラクターラインが入り前後フェンダーはワイド感を強調。また、ヘッドライトやグリルはシャープなデザインでスポーティな仕立てとなるほか、サイドデフューザーは迫力ある造形を採用するという情報もある。

現行ビターラ(エスクード)

パワーユニットは、1L直列3気筒「ブースタージェット」ターボ、および1.4L直列4気筒のブースタージェット・ターボ+新開発の48Vマイルドハイブリッドのラインアップが予想されている。後者の燃費は20km/L近くまで向上しているという。また、走破性に定評があった歴代モデルにならい新世代4WD制御システムとして「ALL GRIP(オールグリップ)」の最新バージョンを搭載。「AUTO」、「SPORT」、「SNOW」、「LOCK」の4つのドライビングモードはすべてが進化するはずだ。その全貌が明らかになるのは、いまのところ2020年の秋以降と予想されている。

現行ビターラ(エスクード)

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧