西日本最高峰の石鎚山が雲のじゅうたんに包まれる(愛媛県 石鎚スカイライン)【雲海ドライブ&スポット Route 77】

2020/02/08 09:00

春先や晩秋には高い頻度で雲海が発生

石鎚スカイラインは、清流で知られる面河渓(おもごけい)から標高1982mの石鎚山山頂近くまで、一気に駆け上がっていく西日本有数の山岳ロード。終点の石鎚山・土小屋周辺では、冬季閉鎖の前後、春先や晩秋には比較的高い頻度で雲海が発生する。

ダイナミックな走りを楽しめる石鎚スカイライン。

県境の稜線をなぞるように東の国道194号まで延びる瓶ヶ森林道。

さらに石鎚スカイラインの先に延びる瓶ヶ森林道(通称:UFOライン)も格好の雲海展望ルート。標高1800m前後の分水嶺の稜線をなぞるように進む道なので、周囲に雲が湧きやすく、ときには一面の雲海となることもある。

西日本最高峰の石鎚山。スカイラインの終点、標高1492mの土小屋登山口からは2時間半ほどで山頂まで登ることができる。

アクセスガイド

面河渓までは松山道・松山ICから国道33号/494号を通って約58km/2時間ほど。距離では川内ICから国道494号経由の方が近いが、四国有数の酷道なので避けた方がいい。

Data【Route 77 石鎚スカイライン】
雲海遭遇率 ★★
雲海の季節 春〜秋

◎所在地/愛媛県久万高原町
◎ルート/県道12号・西条久万線
◎区間距離/約28km
◎最高地点/標高1492m
◎冬季閉鎖/12月~3月

観光情報

久万高原町観光協会 TEL 0892-21-1192

 

文:佐々木 節/撮影:平島 格/写真提供:久万高原町

『雲海ドライブ&スポット』より転載。掲載データなどは2017年8月末時点のものです。実際におでかけの際は、事前に最新の情報をご確認ください。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!