【比較試乗】「メルセデス・ベンツEクラス・ステーションワゴン vs アウディA6アバント vs BMW 5シリーズツーリング」ドイツ車らしい質実剛健なワゴンは?

AUTHOR

国産モデルだとイマひとつピンとこないステーションワゴンだが、ドイツのMBAなら選択肢が溢れている。しかも御三家のワゴンは、ある時はビジネスエクスプレス、またある時は遊びのアシとして大活躍してくれる。ここではアッパーミドルワゴンから本当に“使えるワゴン”を探ってみよう。

ドイツ車には魅力的なステーションワゴンが豊富

どうしてもドイツ車を選びたくなる理由のひとつが、ドイツの各ブランドには魅力的なワゴンが多数ラインアップされていること。中でもアッパーミドルワゴンは、Eクラス・ステーションワゴン、5シリーズ・ツーリング、そして、A6アバントの3台以外にほとんど選択肢がないのが現実だ。

左からAUDI A6 AVANT 55 TFSI QUATTRO S LINE、BMW 523d xDrive TOURING M SPIRIT、MERCEDES-BEMZ E200 STATIONWAGON AVANTGARDE

これら定番のアッパーミドルワゴンのなかで、現行モデルの登場が最も早いのがEクラスだ。S213と呼ばれる現行モデルは、Eクラスとしては5代目にあたり、日本では2016年11月に販売がスタートしている。セダンのW213とともに、メルセデスの最新デザイン手法“センシュアル ピュアラティ”を採り入れ、また、インテリアに、2つのワイドディスプレイを採用するコックピットディプレイを搭載するなど、新しい試みが随所に見られる。

MERCEDES-BEMZ E200 STATIONWAGON AVANTGARDE/上質なインテリアはセダンと共通。12.3インチのディスプレイを2枚並べたワイドビジュアルディスプレイをはじめ、コマンドシステムが大幅な進化を遂げている。またドアやダッシュボードなどにはライン状LEDのアンビエントライトを設置する。テールゲートを自動開閉するフットトランクオープナーも装備。

2017年6月には、5シリーズ・ツーリングが日本でデビュー。5シリーズにステーションワゴンが用意されるようになったのは3代目からで、現在のG31型はその5世代目に当たる。ロングフードとショートオーバーハングという、BMWの伝統的なプロポーションを受け継ぎながら、“キドニーグリル”とヘッドライトをつないだフロントマスクや先端の継ぎ目をなくしたボンネットのデザインなどによって、新しさを演出する。

BMW 523d xDrive TOURING M SPIRIT/5シリーズ・ツーリングはカラー液晶メーターやコネクテッド・ドライブ型iDrive、先進運転支援技術のドライビング・アシスト・プラスは全グレードに標準装備する。新グレードのMスプリットには、専用デザインのエアロキットのほか、18インチアルミホイールやレザーステアリングといった装備が充実。

3台のうちで最も新しいのがA6アバント。現在のA6シリーズは、前身のアウディ100を含めると8世代目にあたるが、2世代目にはアバントと呼ばれるステーションワゴンが登場。2019年3月に日本上陸したC8型では、アウディのアイデンティティであるシングルフレームグリルをより幅広くし、さらに、エッジを効かせたボディやシャープなデザインのライトにより、精悍な印象を強めてきた。一方、インテリアは、上下2つのタッチパネルにより直感的な操作を可能とするMMIタッチレスポンスや、液晶メーターのアウディ バーチャルコックピットなどにより、デジタル化を進めた。

AUDI A6 AVANT 55 TFSI QUATTRO S LINE/新型A6アバントにはアクティブレーンアシストをはじめ最新のドライバー支援システムを採用。また、走行状況に合わせて車両を最適化する可変ドライブアシストや4輪操舵システムを搭載する。内装はブラックパネルを基調にしたクールでクリーンな仕立て。最新のMMIタッチレスポンスが標準装備。

まずはステーションワゴンを特徴づけるラゲッジスペースからチェックしていくことにしよう。
長年のライバルであるこの3台は、全長がEクラスで4940mm、5シリーズが4950mm、A6が4950mmとほぼ同じで、いずれもエンジンを縦置きするレイアウトを採ることもあって、荷室の広さはほぼ互角。後席のシートバックを起こしている状態でも、広大なラゲッジスペースを誇る。

MERCEDES-BEMZ E200 STATIONWAGON AVANTGARDE

A6は、3台の中では最も長い奥行きを確保していることから、見た目にも広い印象を受ける一方、A6に比べて奥行きが約10cm短い5シリーズは荷室が狭く見える。ただ、A6は荷室の横幅が短いこともあって、荷室容量のカタログ値は565Lと3台中最小。5シリーズは570Lとわずかに広い。Eクラスは、奥行きはA6よりも5cmほど短いが、5シリーズと同等の横幅を確保することから、荷室容量のカタログ値は640Lとライバルを上回る。さらに開口部の高さが一番低く、使い勝手が良い。

BMW 523d xDrive TOURING M SPIRIT

後席を倒せばさらに荷室が広がり、3台ともその操作が荷室のスイッチひとつで行えるのがうれしいところだ。気になったのはA6の場合、倒した後席のシートバックの傾斜が3台のなかでは最も強く、フロアがあまりフラットにならないことだ。ボディサイズに余裕があるだけに、後席のスペースも十分な広さを確保。なかでもA6は広いニールームに加えて、足元も余裕十分。より自然な着座姿勢をとることができた。

AUDI A6 AVANT 55 TFSI QUATTRO S LINE

一方、気になる走りについては、それぞれ搭載するパワートレインが異なり、どれも個性的だ。

,

フォト=宮門秀行/H.Miyakado ル・ボラン2020年2月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧