【比較試乗】「メルセデス・ベンツ Gクラス vs アウディ Q8 vs BMW X7」三車三様の特別感

AUTHOR

ここではフラッグシップSUVについて考察を行った。本来ならメルセデスはGLSとなるが、堂々たる風格と価格帯、そして国内マーケットでの人気と知名度からGクラスを選出し、2列目にキャプテンシートを備えた豪華絢爛なX7、そしてクーペボディで走りの洗練さに磨きをかけたQ8と比較を行い、各々のスペシャリティを探った。

6発ディーゼルを積みGの魅力はうんと増した

時代が変わった。いまや街中を最新の7シリーズロングで走っても見向きもされないけれど、X7なら相当に目をひく。横に並んだ内外のSUV乗りが目を向く。対向するBMW乗りが口を開けているのがはっきり分かる。 SUVがスペシャリティではなくフツーの乗用車となって久しい。コンパクトからラージまで、今やパーソナルカーのファーストチョイスだ。ゆえにセダン全盛時代がそうであったように、クーペが生まれ、高性能グレードが望まれる。そして、超高級なトップグレードも誕生する。SUVという名の山の裾野が広がったのだ。

そんな現代のSUV山頂に君臨する3台、すなわちセダン時代と同様に、ドイツのプレミアムブランド御三家の用意した3モデルを比較してみることになった。アウディQ8、BMW X7、そしてメルセデス・ベンツGクラスである。

MERCEDES-BENZ G350d/最新Gクラスの全幅は、先代比で121mm広くなり、この拡大はほぼディメンジョンに反映され、ホイールベースも40mm伸びている。室内空間はショルダーもレッグスペースも広げられ、特に前席左右間と後席の足下周りは、余裕ある広さを実感できるだろう。

メルセデス・ベンツの場合、GクラスではなくGLSクラスという手もあったが、モデルチェンジしたばかりであいにく最新モデルが上陸していない。それならばいっそGLSよりも日本では人気のGクラス、しかも待望のディーゼルターボ350dが導入されたばかりで、これをぶつけてみようということになった。このクラスもまたメルセデスが先鞭をつけた得意分野であり、さしずめアウディとBMWは挑戦者と言っていい。 ちなみに、新型GLSクラスはさらに巨大で、まず間違いなく名実ともにSUV界のSクラス級クォリティとなっているだろう。新興勢力に対するGクラスとGLSクラスによる挟撃。メルセデスの戦略に今のところぬかりはない。 では、その隙のないメルセデス・ベンツの人気者、G350dから乗り込もう。スタイリングをはじめ、随所にロングセラーモデルの面影をたっぷりと残した現行Gクラス。辺りに響くロック解除音はそのたびにドキリとするが、オーナーになれば気にならなくなるのだろうか。かなり大きな音だ。

随分とモダンになったインテリアを眺めている限り、その視界の高さとノーズの見切りの良さ以外にGクラスらしいと思うところはもはやない。けれども、ひとたび動き出したなら、話は別だ。

MERCEDES-BENZ G350d

これでも乗り味は随分とモダンになった、とはいうものの、やはり最新の乗用SUVとはひと味もふた味も違っている。クロカン四駆時代の名残が随所にあって独特だ。ひと言でいうと、タッパを感じる。クセがあるのだ。地上高、サスストローク、車高などなど、車体にまつわる全ての高さが、他の最新SUVとは違う。当然、それは物理量なので走りに影響を与える。最新のGクラスは高さによるネガを削ぎ落とす設計や制御としたが、完全ではない。けれどもそこがまたGの魅力で、特に今回、6発ディーゼルを手に入れて、その魅力はうんと増した。メルセデスのこのディーゼルターボは、本当に洗練されており、とろけるような味わいに充ちていた。

走りに一抹の古めかしさを感じるのは低速域のみで、速度にのってくるに従い、そのライドフィールはどんどんモダンになっていく。これはもう劇的というべきで、首都高のカーブを流れにのってクルーズするような場面では、以前のGクラスとは別次元の動的一体感をみせた。なるほど、個性派SUVとしていまだ随一の存在だ。

フォト=岡村昌宏/M.Okamura(CROSSOVER) ル・ボラン2020年2月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧