ポルシェのグループBやF1での成功や失態も余さず記述した写真資料集【新書紹介】

2020/01/21 09:00

Porsche Excellence Was Expected Book 3

1948年創業のポルシェを歴代マシン、レースフィールド、メカニズムの進化、新たな挑戦などを、大手四輪メーカーの経営幹部を担い、自身でもコンサル会社を営む才能に溢れた歴史家でもあるKarl Ludvigsenが貴重な資料をふんだんに交え多方面から紹介した本書。1948年の創業当時から未来の構想までを見据えた2020年までを4巻に分割した写真資料集である。第3巻では1982年から2008年までが綴られ、グループBやF1での成功に隠れされた落とし穴や失態についても、著者Karl Ludvigsenの業界経験とインサイダー知識を織り交ぜて解説している。
空冷時代最後の911となった熟成された993については多くのページが割かれ、また、21世紀に入ってからは新株を発行し開発資金を確保、新たな水冷エンジンを搭載した996、そしてSUVという未開の地で誕生したカイエンや限定車のカレラGTが誕生し業務拡大に成功した様子が綴られている。

Porsche Excellence Was Expected Book 3
Karl Ludvigsen(著)
23,100円 (税込)
ハードカバー/W235×H270/モノクロ・カラー/英語/729p

情報提供:代官山蔦谷書店

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧