ホンダが「シビック」の内外装を上質化してマイナーチェンジ

H.Tanaka
AUTHOR
2020/01/17 17:00

ホンダ「シビック・タイプR」の改良版は2020年夏に登場

ホンダは、「シビック・セダン」と「シビック・ハッチバック」を一部改良。1月23日より発売を開始する。消費税込みの車両本体価格はセダンが2,761,000円、ハッチバックは2,948,000円となる。

シビック・シリーズは「操る喜び」の提供を目指し、2017年に現行モデルが発売。革新的なスタイリングと個性の際立った走りで市場でも好評を得ている。

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインの変更に加えトップロードサンルーフをハッチバックにオプション設定するなど、機能美の上質さを追求。また、先進の安全運転支援システム「ホンダ・センシング」を全タイプに標準装備して商品の魅力がより一層高められた。

また、2020年夏に発売を予定している「シビック・タイプR」の改良モデルに関する情報を以下のホームページで順次公開する。

https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/new/

シビック・セダンのおもな変更点

先進的で上質なフォルムはそのままに、フロントバンパーやリヤガーニッシュのデザインやアルミホイールのカラーを変更。インテリアは、コンビシートを標準装備とするなど、より一層の上質感を追求した。

シビック・ハッチバックのおもな変更点

エクステリアは前後バンパー、フロントグリル、リヤロワガーニッシュやアルミホイールのデザイン変更に加え、トップロードサンルーフを追加。機能的かつスポーティなシルエットに磨をかけた。また、6速MT車のシフトノブの形状を変更。ショートストローク化することにより、小気味よく決まるシフトチェンジを目指している。

「ホンダ センシング」を全タイプに標準装備

先進の安全運転支援システム「ホンダ・センシング」を全タイプで標準装備。新たに歩行者事故低減ステアリングと、先行車発進お知らせ機能を追加した。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!