ついにこのクラスにも! フィアットが「パンダ」と「500」にハイブリッド仕様をラインアップ!

AUTHOR
2020/01/14 18:00

69ps/92Nmの3気筒ガソリンエンジンに12V電装システムを組み合わせる

FCAはこのほど、フィアットのコンパクトカー「パンダ」と「500/500C」に、マイルドハイブリッドパワートレイン搭載車「パンダ・ハイブリッド」「500/500Cハイブリッド」を設定したことを発表した。欧州では2月から市場に導入される予定だ。

両モデルに搭載されるのは、69ps/92Nmを発する最新の1L直列3気筒ガソリンエンジン「FireFly」に、12VのBSG(ベルト-インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)システムとリチウムイオンバッテリーを組み合わせるマイルドハイブリッド。搭載される回生ブレーキシステムによって得た電気エネルギーは11Ahのリチウムイオンバッテリーに蓄えられ、アイドリングストップ機構のエンジン再始動時や加速時に役立てられる。トランスミッションは6速MTだ。

このマイルドハイブリッド仕様車は、従来の1.2L直列4気筒エンジン搭載車より燃費性能を高めているほか、二酸化炭素排出量を最大30%削減。欧州排出ガス規制の「ユーロ6Dファイナル」に準拠している。参考までに、日本でも発売されている1.2Lエンジン搭載車「1.2ポップ」のJC08モード燃費は19.4km/L。マイルドハイブリッド仕様車はこの値を凌ぐことになる。

一方BSGシステムの搭載により、アイドリングストップ再始動時の音や振動が抑えられて、高い静粛性や快適性を発揮する。なお、30km/h以下の車速ではエンジンからの駆動力が切断されるコースティング機能が働き、燃費向上に寄与する。

エクステリアではBピラーにハイブリッドのイニシャル「H」をモチーフとしたロゴバッジを装着するほか、リヤに「HYBRID」のエンブレムを装着。発売初期モデルとして設定される「ローンチエディション」では、リサイクルプラスチックから生成した材料を用いた「SEAQUEL(シークエル)」の生地をシートに採用。エココンシャスなハイブリッドパワートレインモデルにふさわしい素材が用いられている。

FCAにとって2020年は電動化を加速させる年になるという。今回発表されたパンダと500/500Cのハイブリッドに続き、500のピュアEV仕様も登場させる予定とのことだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧