2020年後半にアストンマーティンが新たなリミテッドモデル、「V12スピードスター」を発表!

AUTHOR

アストンマーティンのレーシングヘリテージとモダンデザイン言語を融合

1月8日、アストンマーティンは世界88台限定となる「V12スピードスター」を2020年後半に発表する計画を明らかにするとともに、イメージイラスト1点を公開した。

V12スピードスターは、同社でビスポークプログラムを担当する「Q」が開発を主導。最先端のモータースポーツテクノロジーに航空技術を組み合わせた2シーターのマニア向けドライビングマシンになる。

DBR1

デザインはモダンでダイナミックに仕上がる予定だが、1959年にル・マン24時間レースとニュルブルクリンクレースを制した「DBR1」や、2013年に同社の創立100周年を記念して製作された「CC100」スピードスターコンセプトといったヘリテージモデルへのオマージュが表現される。

CC100

搭載されるパワートレインは、700ps/700Nmを引き出す5.2L V型12気筒ツインターボエンジンとZF製8速ATの組み合わせ。魅力的なパフォーマンス、優れたレスポンス、スリリングなV12サウンド、そして爽快なドライビングエクスペリエンスが、この特別なモデルを特徴づける。

とくに愛好家やコレクターにとっては要注目のV12スピードスター、カスタマーへのデリバリーは2021年の第1四半期からスタートする見通しだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧