アナタならどのモデルにする? 500万円台の予算で叶える、ステキなBMWライフ!

2020/01/08 11:00

現在、実に約150モデル以上もラインアップしているBMW。たとえば500万円の予算があれば、最新の1シリーズをはじめ、2シリーズクーペ/グランクーペ、2シリーズアクティブツアラー/グランツアラー、3シリーズセダン/ツーリング、4シリーズクーペ、X1/X2、Z4、i3と、ファミリーモデルから、SUV、EV、スポーツカーまで、実に多彩なモデル選びが可能となる。今回はその中から6台をピックアップし、それぞれの魅力をお伝えしよう。

かくもバラエティに富んだモデルが勢揃い

最近はクルマの高額化がシレッと、でも確実に進んでいて、自分のような庶民からすれば500万円のクルマなんてたいそう立派な高級車なのに、いまや輸入車の価格からすると平均よりも少し安いくらいかもしれない。いっぽうで、特にドイツ車はニッチ商品の積極導入が常態化していて、500万円台の予算でBMWを探してみると、かくもバラエティに富んだモデルが候補に挙がる。

BMW X2 M35i

個性的な車種が多いBMWのラインアップの中でも、X2はその筆頭に挙がる。低く幅広いスタンスで構えたスタイリングは独特で、他のどれとも似ていないし、1535mmの全高は、都内が主な活動範囲の自分にとって、機械式駐車場でも躊躇なく止められるから嬉しい。その分、キャビンはSUVにしては天地方向にやや制約があるものの、左右方向のゆとりは十分なので、大人ふたりが並んでも窮屈に感じることはない。470L(最大1355L)のラゲッジルームもありがたい。

BMW X2 M35i

トレッドが広く重心も低いので、ハンドリングは申し分ない。個人的には、エンジン横置きのBMWの中ではもっともスッキリした操縦性だと思っている。試乗車は前後の駆動力配分がオンデマンド式の4WDだったこともあり、通常は前輪を駆動して走るものの、後輪への駆動力配分が絶妙で、FFらしいネガティブな挙動もほとんど見られなかった。4輪の接地性も良好だから、安定感が常に感じられるのもX2の特徴のひとつだ。
ベースグレードの「18i」は駆動形式がFFで車重が1500kgだから、1.5L直列3気筒ターボ(140ps/220Nm)でも快活な動力性能が期待できる。これなら乗り出し価格が500万円以下に収まるかもしれない。ディーゼルで4WDの「18d」でも544万円である。

フォト=柏田芳敬/Y.Kashiwada ル・ボラン2020年1月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!