ホンダの二輪車が世界生産累計で4億台を突破!

H.Tanaka
AUTHOR
2019/12/24 13:00

2018年度の生産台数は実に2082万台に

ホンダの二輪車の世界生産累計が、2019年12月初旬に4億台を達成した。これは1949年に「ドリーム D型」で二輪車の量産を開始して以来、70年目での達成になる。

ホンダは1948年に創業、1963年には初の海外生産拠点であるベルギーで二輪車の生産を開始。「需要のあるところで生産する」という基本理念に基づき、世界各地で事業を展開してきた。現在では21カ国35拠点で、50ccのコミューターから1,800ccの大型モデルまで幅広く二輪車を生産している。

Activa

ホンダは創業当初より、「技術で多くの人々の生活をより便利にしたい」という想いで多くの国や地域のニーズに合った製品を開発し提供してきた。その結果、1997年に生産累計1億台を達成し、2014年には3億台を達成。また、2018年には、年間生産台数で初めて2,000万台を超えるなど、アジア諸国を中心に高い支持を得ている。今後も需要の高まりに対応できる開発・生産体制の構築を目指し、2030年ビジョンのスローガン「すべての人に、“生活の可能性が拡がる喜び”を提供する」の実現に向けて取り組むとしている。代表取締役社長の八郷隆弘氏は、次のようなコメントを寄せている。

CBR1000RR-R FIREBLADE SP

「ホンダは、世界中のお客さまに、生活をより便利に楽しくできる二輪車を70年にわたり提供してまいりました。その結果として、4億台を達成することができました。お客さまをはじめ、開発から製造、そして販売やサービスに携わった全ての皆さまにお礼申し上げます。今後も、世界各地のお客さまのニーズや夢に応えられる魅力ある製品の提供に全力を尽くします」

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧