【国内試乗】「GR」初となる軽オープンスポーツ「コペンGRスポーツ」は、意のままに操れるライトウェイトスポーツ!

田畑修
AUTHOR
2019/12/13 10:00

「コペンGRスポーツ」 は、 TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初となる軽規格のオープンスポーツだ。これはダイハツ・コペンをベースに、主にハンドリング性能を高めるチューニングが施されているという。その仕上がりはいかに?

メーカーの垣根を超えたコラボレーションが実現

量産モデルにトヨタが自ら手を加え、スポーティな味わいを高める「GRスポーツ」シリーズにコペンが加わった。ダイハツが独自のコンセプトで世に出したコペンは現行の2代目モデルが2014年に投入されているが、2015年に登場したホンダS660など他社のライトウェイトスポーツモデルに対してスポーツイメージが相対的に低下しつつあり、その復権を賭けたテコ入れという面もある。

ダイハツとトヨタのチューニングコンセプトを融合させた「コペンGRスポーツ」は、メーカー名が冠されないという日本車でも稀な存在となる。ボディやステアリング、シートに配されるロゴやエンブレムは「GR」あるいは「GR SPORT」であり、車検証の車名欄には「トヨタ」と記されるが、ダイハツとトヨタの全ディーラーで販売される。

エクステリアは、GRのアイコンである「ファンクショナル マトリックス」グリルを採用し、空力性能も向上。電動開閉ルーフのアクティブトップも標準装備となる。

主なチューニングポイントはフロア剛性を高めるブレース類の装着、サスペンションスプリングとダンパーの見直し、空力性能の向上、電動パワーステアリング(EPS)の制御変更などで、パワートレインに手は入れられていない。今回、スラロームコースと一般公道でその進化度合いを確かめたが、操舵に対するキレのよさは従来通りながら、クルマの一体感が増したことで運転自体が楽になった印象を受けた。スラローム走行ではボディが遅れずについてくるので操舵量は減り、思った通りのラインをたどることができる。

フォト=宮門秀行/H.Miyakado ル・ボラン2020年1月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!