現行「ルーテシア」では最後の限定ルノー・スポール、「トロフィー・ファイナルエディション」が発売

H.Tanaka
AUTHOR
2019/12/09 16:00

”ニュル”最速タイムを記録したロラン・ウルゴン氏のサイン入りシリアルプレートも装備

ルノー・ジャポンは、レーシングカー直系の刺激的な走りが楽しめるルーテシアRS(ルノー・スポール)に、現行モデル(ルーテシア 4)では最後の限定車となる「ルーテシアRSトロフィー・ファイナルエディション」を設定。50台の限定で、12月5日より発売を開始した。消費税込みの車両本体価格は、3,402,000円。

ルーテシアRSトロフィーは最高出力220ps、最大トルク260Nmを発生する1.6L直噴ターボエンジン、スムーズで素早いシフトチェンジを可能にする6速AT(6EDC)、ラリーの世界で開発されたハイドロリック・コンプレッションコントロール、ノーマル/スポーツ/レースの3つのモードが選択できるR.S.ドライブといったスポーツ性を高める装備を満載。レーシングカー直系の、刺激的な走りが楽しめるコンパクトスポーツモデルに仕上げられている。

今回の限定モデルはブラックエンブレム、ブラックシャークアンテナに加え、ルノー・スポールのテスト/開発ドライバーにしてニュルブルクリンクサーキットで量販FF車最速タイムを出したロラン・ウルゴン氏のサイン入りシリアルプレートが装備される。

なお、今後はルーテシアシリーズ(ルーテシア4)がモデルチェンジにより新型ルーテシア(ルーテシア5)に移行するため今回のトロフィー・ファイナルエディションが現行ルーテシア・ルノー・スポールでは最後の限定車となる。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!