あの新型車にも対応、人気SUVにジャストフィット「EUROTECH GL-LINE/MP-LINE/VP-LINE」【ホイールカタログ2019秋】

AUTHOR

続々と新型車が発表されるインポートSUV。輸入車用ホイールの定番ブランドでもあるユーロテックの新製品は、最新SUVから、メルセデスをはじめとする人気の車種をフォローする3モデルだ。

車種専用設計だからベストフィッティング

ボリューム感あふれる力強いスタイルに加え、車内スペースの広さ、高い着座位置がもたらす視界の良さといった実用性の面で、SUVは世界的に人気が高まっている。国産車よりはセダンおよびステーションワゴンの比率が高かった輸入車においても、SUVの需要は確実に高まってきた。ひと昔前は数車種だったものが、スポーツカーや超高級車ブランドにもラインアップされるようになり、インポートSUVもあたりまえの時代になってきたわけだ。
同じようなクルマが増えるとあまりおもしろくない、ヨソのクルマとは差別化を図りたいのは、これだけ国産車の充実した国でも、あえて輸入車を選んでいるオーナーの皆さんなら、自然に感じることかもしれない。そして、そういった気持ちがドレスアップカスタムの第一歩として、ホイールでも替えてみようかと思うきっかけになるのも想像に難くない。タイヤ&ホイールがスタイリングにおいて大きな比重を占めるSUVであればその効果はかなり大きいわけで、足まわりが一変した愛車の凛々しい姿に、満足度や愛着がより高まるのではないだろうか。

さて、2019年秋のSUVオーナー諸兄に対する本誌のオススメが、ユーロテックシリーズより、先日リリースされたばかりのニューアイテム3モデル。適合車種に合わせてベストフィッティングを追求しながらも、共通する10本スポークデザインが、SUVにふさわしいパワフルさとスマートさを兼ね備えた逸品だ。

GL-LINEはGLA/GLC/GLCクーペ/GLE/GLEクーペ/GLSクラスに加えて、2019年登場の新型GLE/GLS/Gクラスまでカバーする対応の速さもオーナーには嬉しいポイント。

トップで紹介するGL-LINEはそのネーミング通り、メルセデスのGL系(GLA/GLC/GLCクーペ/GLE/GLEクーペ/GLS)およびGクラスの専用品となる。フロントとリアでサイズが異なるケースにも、充実したサイズラインナップにより万全のフォローがなされている。今回紹介している3モデルの中では、サイズとカラーのバリエーションも幅広く用意され、多彩なニーズに応えてくれることだろう。

ポルシェ・マカン/カイエン/カイエンクーペとマセラティ・レヴァンテに対応するMP-LINE。フローフォーミング製法を採用し、マットチタニウムとマットブラック・リムポリッシュの高級感ある2色を用意。

MP-LINEはハイパフォーマンス車がターゲット。具体的にはポルシェ・マカン/カイエンやマセラティ・レヴァンテへのリプレイスが想定されている。スポーク間隔が大きめなので、強力なストッピングパワーをアピールするブレーキディスク&キャリパーをしっかり見せて、車両のハイポテンシャルぶりも堪能させてくれるに違いない。

VP-LINEはボルボXC40/XC60/XC90、プジョー3008/5008、ランドローバー・レンジローバー・イヴォークが適合車種に挙げられている。冬タイヤ用としても使いやすい価格に抑えられている。また、フローフォーミング採用している。

最後はVP-LINEで、ボルボ(XC40/XC60/XC90)とプジョー(3008/5005)のSUV系車種に加えて、レンジローバー・イヴォーク用をラインナップ。定番のドイツ車を外した選択肢として人気と評価の高まっている車種対応は、長年輸入車全体を見据えた商品展開をしてきたユーロテックならではといえる。
ここで紹介した3モデルはすべてランフラットタイヤとTPMSに対応しており、安心して交換できるのもありがたい。また、純正ホイールキャップが装着でき、純正ボルトも使用可能。このタイミングでのリリースは、もちろんスタッドレスタイヤとの組み合わせも念頭に置いてあり、純正タイヤとの互換性を想定したサイズ展開も考慮されている。
コストパフォーマンスにも優れたユーロテックの新製品で、マイSUVを令和スタイルにイメージチェンジしてみよう!

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧