【スクープ】BMW最強のクーペ、「M8」にさらなる高性能版の「CS」が追加される?

2019/11/26 07:00

最高出力は、ついに700㎰に到達か?

BMWのラグジュアリークーペ、「8シリーズ」の頂点に位置付けられる「Ⅿ8」のテスト車両がニュルブルクリンクでキャッチされた。Ⅿ8のクーペ自体がデビューして間もないことを考慮すると、この段階でのテスト車出現は異例の早さといえる。

今回捉えられたテスト車は、厳重にカモフラージュされた状態だったが注目すべきはリヤに据えられた大型のウイング。このことから、テスト車はエクスクルーシブな高性能版となる「CS(クラブスポーツ)」である可能性が高い。

ベースとなるM8は、4.4L V8ツインターボエンジンをM社がチューン。最高出力600㎰、最大トルク750Nmを発揮する。また、近年のⅯモデルではレギュラーモデル化している「コンペティション」ではパワーが625㎰まで高められているが、CSには当然それを凌ぐスペックが与えられるはずだ。

今回のテスト車両では、前述のリヤウイングに加えフロントのリップスポイラー、キドニーグリル奥の強化ブレースが確認。市販される際には、これらに加えフェンダーには専用デザインのサイドエアインテークが与えられるほかルーフやリヤディフューザーにはカーボン素材が採用されるはずだ。

CSといえばⅯの限定モデルに冠する名前だけに、内装も特別仕立てとなることは確実。おそらくアルカンタラ巻きのステアリングやカーボントリムなどでスポーティな空間が演出されるだろう。そして注目のパワーユニット。4.4LのV8ツインターボという基本構成こそベース車と変わらないが、その最高出力はついに700psに到達すると噂されている。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧