フォルクスワーゲンがついに「ID.シリーズ」の最新作を公開!

AUTHOR

最高590kmの航続距離を実現するグランドツーリングワゴンのEVコンセプト

11月20日、フォルクスワーゲンは11月22日より一般公開がスタートするロサンゼルス・オートショー2019において同社の新世代EVシリーズ「ID.」のコンセプトモデル、「ID. SPACE VIZZION」を初公開すると発表した。

このコンセプトカーは11月上旬に同ショーでの発表が予告されていたもので、「ID.」シリーズで展開するグランドツーリングワゴンの近未来像が表現されている。

プラットフォームは「ID.3」で採用された同社の新世代EVプラットフォーム「MEB(モジュラー・エレクトリックドライブ・マトリックス)」を採用し、システム総合で250kW(約335ps)を発するモーターを前後アクスルに搭載。エネルギー容量83kWhのバッテリーとの組み合わせにより、5.4秒の0-100km/h加速と最大590kmの航続距離を実現する。

空力性能を追求したエクステリアでは、フロントフードやフロントバンパーが特徴的で、空気を効率的に流す形状を採用。フロントバンパーの両サイドに開けられたインテークは、フロントホイールハウジングに通じ、ボディサイドに気流の流れをうまく誘導している。

ボディサイズは未発表だが、オーソドックスなワゴンボディは、長めに設定されたホイールベースや、バッテリーをアンダーフロアに設置した効果で、高い居住性を実現。

シンプルでクリーンなイメージのインテリアでは、AR(拡張現実)ヘッドアップディスプレイや15.6インチのタッチディスプレイ搭載をはじめとするデジタル化の促進とともに、こだわったマテリアルも特色。りんごジュースの生産時に発生する残留物の一部を使用したサスティナブルな人工皮革「Apple Skin」を採用している。

この「ID. SPACE VIZZION」は、現時点ではコンセプトモデルだが、2021年の後半には市販化への具体的な道筋を立てるとのことで、今のところ欧州や北米、中国で発売が予定されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧