累計輸入台数が5万台を突破したフィアット500が記録達成の記念式典を開催!

相澤隆之
AUTHOR

足掛け12年での5万台達成

FCAジャパンはフィアット500および500Cの日本への輸入累計台数が11月15日(金)に述べ5万台に達したことを発表。豊橋市にあるFCAジャパンの新車整備センターにて、記念式典を行った。

フィアット500/500Cは2008年3月の国内導入以来、今年の10月末までの年間累計販売台数は3,722台、10年連続で4,000台を超える見込みで導入以来12年目にして過去最高だった2014年の販売台数に迫る勢いとなっているという。

式典ではまずFCAジャパン広報部長の清水良子氏が挨拶を行った後、マーケティング本部長のティツィアナ・アランプレセ氏がこれまでのフィアット500についての歴史や魅力を紹介。

「私たちの仲間が毎日頑張っているこの場所で、今日のイベントを開催できることをとても嬉しく思います。今年フィアットは創立120周年ですが、フィアットにとってもFCAジャパンにとってもすごくリッチな1年になったと思います。チンクエチェントは“ハピネス”のアイコンになっていて、それはいわば”ナチュラルビューティ”。そのシンプルできれいでスタイリッシュかつユニークなデザインは、日本文化にも通じるものがあります。ですから、これまでもチンクエチェントが活躍しているルパン三世やメイド・イン・ジャパンの伝統工芸品などの日本文化とコラボレーションを実施してきましたし、今後も続けていきたいと思っています」とコメント。

また女性のオーナー比率が2005年の15%から2018年には62%へと増加しており、これからはSNSに関してもさらに積極的に展開していくとのことだ。

続いて来賓として出席した豊橋市産業部長の稲田氏は「三河港は、年間20万台を陸揚げする国内最大の自動車輸入港であります。その中でFCAジャパンは2011年に進出してまして、フィアット500のかわいらしさはファッショナブルで、豊橋のイメージが上がる非常にありがたい存在であります」と祝辞を述べた。

その後、屋外で社員らが「FIAT」のロゴが大きく入ったおそろいのTシャツを着て、5万台目のフィアット500との記念撮影も行なわれ、記録達成を祝っていた。

そして式典終了後には希望するメディアにVPC(新車整備センター)内部の見学会も開催。内外装のチェック等厳しい検査が行なわれており、品質管理が徹底されていることも公開した。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!