スズキの新開発「超音波ホッチキス」「超音波カッター」などが日本包装産業展で参考出品

H.Tanaka
AUTHOR
2019/10/31 17:15

スズキが展開する産業機器における多彩なラインアップ

スズキは、新開発の小型超音波溶着機「AUH30CW」を10月29日(火)から11月1日(金)の期間中、幕張メッセで開催されているJAPAN PACK 2019(日本包装産業展)に参考出品する。この超音波溶着機は、超音波の振動による摩擦熱を利用してプラスチックやビニールなどの素材を素早く簡単に溶着することができる産業機器。シンプルな操作で安全に溶着でき、ブリスターパックやフードパック、不織布、薄物樹脂部品など、さまざまな用途に使用できる。JAPAN PACK 2019ではこの他に、超音波ホッチキス「はるる」をはじめとする超音波溶着機シリーズや超音波カッターなど、スズキ産業機器の多彩なラインアップが展示される。

小型超音波溶着機「AUH30CW」のおもな特長

ハンドピース(持ち手)を小型化し、ハンディタイプ溶着機で業界最小クラスとなる手のひらサイズを実現。ハンドピースは専用機やロボットに搭載しやすいストレート形状とし、エア冷却にも対応した構造とすることで小型ながら安定した連続使用を可能にした。また、先端部(ホーン)は利用者の要望に合わせて多様な形状に製作可能となっている。なお、販売元となるスズキマリンでは「スズキ超音波製品サンプルテスト・貸出し申込専用サイト」を開設しており、10月25日より企業向けにテスト機の無料貸出しを開始している。

サンプルテスト・貸出し申込み専用サイト https://www.suzuki-ultrasonic.com

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧