特別な「日産セレナ」、「オーテック」がアップデート

H.Tanaka
AUTHOR
2019/10/18 13:14

装備と走り、外観も熟成の進化

日産の関連会社であるオーテックジャパンは、「セレナ・オーテック」をマイナーチェンジ。11月15日より全国一斉に発売する。消費税込みの車両本体価格は、3,236,200円~3,927,000円。

「オーテック」は、多種多様なカスタムカーづくりで蓄積してきたオーテックジャパン伝統のクラフトマンシップを継承しつつ、スポーティかつ高級感漂うスタイリングが特徴のブランド。素材などの細部にもこだわりを持つユーザーに向けた、プレミアムスポーティをコンセプトとしている。なお、ブランドのアイコニックカラーはオーテックジャパン創業の地である湘南・茅ヶ崎の「海」と「空」のイメージから想起したブルーだ。

今回のマイナーチェンジでは、ベース車と同様に先進安全技術の装備を拡充したほかデザインが一新された。エクステリアは、オーテックブランド車共通の表現であるドットパターンをより強調させたフロントグリルや、色にこだわって開発した専用ブルーに輝くシグネチャーLEDを採用。昼夜を問わずひと目でオーテックとわかる、より個性豊かなスタイルに仕上げられている。また、オーテック専用の16インチアルミホイールもデザインを一新、新たにe-POWER車にも採用している。

インテリアでは、柔らかな手触りをもち体を優しくサポートするレザレットをシート地に採用。ハンドルやシートなどにはブルーを配し、ピラーや天井色はブラックに変更した。さらに、インテリア全体をブルーとブラックでコーディネートすることで高級感のあるエレガントな空間に仕上げられた。

また、プレミアムスポーティミニバンとしてハンドリングや加速感をチューニングした「オーテック スポーツスペック」では、遮音性を徹底追及してドライバーにも同乗者にもより上質で快適な移動空間を提供。専用17インチアルミホイール、専用ボディ補強、専用電動パワステ、専用チューニングコンピューター、専用VDCが特別装備される。

ボディカラーは、オーテックの専用色であるカスピアンブルーに、セレナのベース車と同様のルーフ色をダイヤモンドブラックとした専用2トーンカラーなど、新たな2つの2トーンカラーを含めた、全7色を設定した。

セレナ「AUTECH」WEBカタログ
https://www.autech.co.jp/sv/serena_autech/index.html

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧