BMW Mの本拠地ドイツで「ホンダ・シビックTYPE R」と「BMW M2コンペティション」のコンパクトスポーツ頂上決戦

AUTHOR
2019/10/03 11:00

ホットモデル2台を連れ出して異例の比較試乗にチャレンジ

なかなか国内メディアでは実現しない日独マニア垂涎の高性能モデル直接対決を敢行。必要十二分なダイナミクス性能を有するこの2台だが、その本質的な違いとは?

BMW M2 コンペティション

【Specification】■全長×全幅×全高=4475×1855×1410mm■ホイールベース=2695mm■車両重量=1630kg■エンジン種類/排気量=直6DOHC24V+ターボ/2979cc■最高出力=410ps(302kW)/6250rpm■最大トルク=550Nm(56.1kgm)/2350-5230rpm■トランスミッション=7速DCT■サスペンション(F:R)=ストラット:5リンク■ブレーキ(F:R)=Vディスク:Vディスク■タイヤサイズ(F:R)=245/35R19:265/35R19

昨年の登場以来、特にドイツ市場では2003年に登場したM3CSL(E46)の再来ともいわれるBMW M2コンペティション。その理由はコンパクトな2ドアクーペ・ボディに3L直列6気筒エンジン(S55)を搭載、最高出力410psと最大トルク550Nmを発生し、1650㎏のボディを0→100km/hまで4.5秒で加速、最高速度は250km/hでリミッターを外せば270km/hへも到達するパフォーマンスを持っているからだ。一方、当時のM3 CSLの空車重量は1385kgで0→100km/hは4.9秒、最高速度は280km/hであった。ちなみにこのモデルは2004年までに1383台が販売され、現在ではコレクターズアイテムとして当時の2倍以上、およそ1200万円程度で取引されている。

HONDA シビック タイプR

【Specification】■全長×全幅×全高=4560×1875×1435mm■ホイールベース=2700mm■車両重量=1390kg■エンジン種類/排気量=直4DOHC16V+ターボ/1995cc■最高出力=320ps(235kW)/6500rpm■最大トルク=400Nm(40.8kgm)/2500=4500rpm■トランスミッション=6速MT■サスペンション(F:R)=ストラット:トーションバー■ブレーキ(F:R)=Vディスク:ディスク■タイヤサイズ(F:R)=245/30ZR20:245/30ZR20

一方のホンダ・シビック・タイプRだが、やはり昨年の登場以来、まるでツーリングカーレースから抜け出てきたような派手ないでたちと、その当時のニュルブルクリンク北コースでFF最速の7分43秒80を叩き出したパフォーマンスで人気を博している。今回はリポーターの友人で、同じくジャーマン・カー・オブ・ザ・イヤー、そしてワールドカー・アワードの選考委員であるイェンツ・マイナーズ氏が比較テストをやろうと持ち掛けてきたのだ。彼はちょうど、映画「The Fast and the Furious(邦題ワイルドスピード)トーキョー・ドリフト」に影響を受けた世代で、日本車に憧れを持っており、このシビック・タイプRには並外れた興味を持っていたようだ。

2シリーズ・クーペのそれをベースに、レザーとアルカンタラを組み合わせた前席スポーツシートをはじめ、BMW Mならではの専用装備およびトリム類でまとめられたコクピット。

シビック・タイプRはワンモーション風のフォルムのハッチバックで、荷室容量(420〜786L)も大きくて実用性が高い。その一方で、前述のようにエクステリアはまるでレーストラックから抜け出てきたようで、フロントにアグレッシブなエアインテークを備え、リアは大型のスポイラーで、ルーフはエアスプリッターで武装している。真っ赤なトリムのインテリアもドライバーを高揚させる。しかし詳細に見てみると、安っぽいドアの開閉音やブリキ細工のようなエンジンフードレバー、各部にむき出したボルト&ナットなど、500万円近くを支払う価値を疑問に思う個所が見受けられる。

歴代タイプRが踏襲するレッドを随所にあしらったコクピット。本革巻ステアリングやアルミ調シフトノブ、バケットタイプのスポーツシートを装備。右下は今回の直接対決を企画したモータージャーナリストのイェンツ・マイナーズ氏。映画ワイルドスピードが大好きな43歳とのこと。

一方のM2コンペティションは、ロングノーズ/ショートデッキのプロポーションでパワフルな後輪駆動を強調する。まるでチータが獲物を狙う姿勢、あるいは短距離走者のスタートのようなダイナミックなシルエットだ。クラシカルといえるほど端正なコクピットも、操作系があるべきところにきちんとレイアウトされている。残念なのは、インフォテイメイント系が旧世代で最新のオペレーティング・システム7.0も装備されず、FRのキャビンはともかくトランク容量は390Lとどまる。ただし、各部の仕上げや建て付けのBMWクオリティは、ホンダのそれを大幅に上回る。

リポート:木村好宏/Y.Kimura フォト:T.Kirkpatrick BMW COMPLETE 2019 vol.72より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧