「メルセデス・ベンツGLE&GLC」に最新世代のプラグインHV仕様が追加!

AUTHOR

システム出力/トルクは両車いずれも315ps/700Nmを発揮

9月10日に開幕したフランクフルトモーターショー2019において、ダイムラーはメルセデス・ベンツのSUV「GLE」と「GLC」に新設定したプラグインハイブリッドモデルを初披露した。

GLEに設定されたのは「GLE 350de 4マチック」。パワートレインは192ps/400Nmを発揮する2L直列4気筒ディーゼルターボに134ps/440Nmを発するモーターを組み合わせ、システム総合で315psと700Nmを引き出す。

これにより、6.8秒の0-100km/h加速、210km/hの最高速をマークする一方で、90.9km/Lのハイブリッド燃費(複合モード)を実現。搭載されるバッテリーのエネルギー容量は31.2kWhで、EVモード走行時の最高速は160km/hに届く。また、EVモードでの最大航続距離は99km(WLTPモード)を誇る。

一方GLCのプラグインハイブリッド車は「GLC 300e 4マチック」。207ps/350Nmを発揮する2L直列4気筒ガソリンターボエンジンに、120ps/440Nmを発するモーターを組み合わせ、システム総合の出力/トルクはGLE 350de 4マチックと同じ315ps/700Nmだ。

GLC 300e 4マチックは5.7秒の0-100km/h加速、230km/hの最高速をマーク。ハイブリッド燃費は最高45.5km/L(複合モード)を達成。バッテリーのエネルギー容量は13.5kWhで、EV走行時は130km/h以上のトップスピード、43km(WLTPモード)の最大航続距離を実現している。

メルセデス・ベンツではすでにC、E、Sクラス、そして新型A/Bクラスにもプラグインハイブリッド仕様を設定しているが、このたび設定された「GLE」と「GLC」を含めて、2019年末までに10モデル以上、2020年には20を超えるプラグインハイブリッド車を設定する計画だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧